サッカー

16日のJ1 結果と戦評

2020/9/16 22:36
保存
共有
印刷
その他

【札幌2-0鳥栖】札幌が後半の2ゴールで勝った。主導権を握って決定機を多くつくり、前半こそ得点を奪えなかったが後半16分に駒井が先制。同21分にも、アンデルソンロペスが加点した。鳥栖はいいところなく、シュート2本に終わった。

鳥栖―札幌 後半、先制ゴールを決める札幌・駒井(16日、駅スタ)=共同

鳥栖―札幌 後半、先制ゴールを決める札幌・駒井(16日、駅スタ)=共同

【横浜M3-0清水】横浜Mは数的優位を生かして快勝した。前半9分にエリキが左折り返しを押し込んで先制。同13分に相手選手が退場処分を受けると攻勢を強め、同22分にオナイウ、同28分にエリキが加点した。清水は終始劣勢で後半はシュートなし。

横浜M―清水 前半、自身2点目のゴールを決める横浜M・エリキ(17)。GK大久保(16日、日産スタジアム)=共同

横浜M―清水 前半、自身2点目のゴールを決める横浜M・エリキ(17)。GK大久保(16日、日産スタジアム)=共同

【大分3-2F東京】大分が1-1の終盤にサイド攻撃から2得点。後半37分、左を突破した野村のクロスから田中達が詰め、同41分には田中達の右クロスから野村が決めた。FC東京は同45分に品田の得点で1点差に迫ったが、最後の猛攻は実らなかった。

【C大阪1-0神戸】C大阪が逃げ切った。0-0の後半17分、デサバトの右クロスに柿谷が頭で合わせて先制。前半33分に都倉が退場し、1人少ない戦いに堅守で耐えた。神戸は何度も押し込みながらゴールを奪えず、守備の隙を突かれて競り負けた。〔共同〕

神戸―C大阪 後半、先制ゴールを決めるC大阪・柿谷=左から2人目(16日、ノエスタ)=共同

神戸―C大阪 後半、先制ゴールを決めるC大阪・柿谷=左から2人目(16日、ノエスタ)=共同

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーのオランダ1部リーグで21日、ズウォレの中山雄太とファンウェルメスケルケン際はアウェーのRKCワールウェイク戦にフル出場した。チームは終盤に追い付かれて1―1で引き分けた。〔共同〕 …続き (8:47)

アヤックス戦の後半、途中出場し競り合うリバプールの南野=右(21日、アムステルダム)=共同

 【ロンドン=共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は21日、各地で1次リーグ第1戦の8試合が行われ、D組で南野拓実の所属するリバプール(イングランド)は敵地でアヤックス(オランダ)に1―0 …続き (8:39)

 スペイン・サッカー連盟は21日、ビリャレアルの久保建英が18日のバレンシア戦で受けた2度の警告のうち一つを取り消すと発表した。警告2度による退場処分も取り消しとなり、出場停止となる予定だった25日の …続き (8:11)

ハイライト・スポーツ

[PR]