サッカー

4日のJ1 結果と戦評

2020/7/4 22:10
保存
共有
印刷
その他

【広島3-0神戸】広島は前半35分に左CKからレアンドロペレイラが押し込み先制。後半3分は縦パスをペナルティーエリア内で受けた浅野が決め、同36分にレアンドロペレイラが駄目を押した。神戸はボールを保持して圧力をかけたが決定力を欠いた。

神戸―広島 前半、ゴールを決め喜ぶ広島・レアンドロペレイラ=左から2人目(4日、ノエスタ)=共同

神戸―広島 前半、ゴールを決め喜ぶ広島・レアンドロペレイラ=左から2人目(4日、ノエスタ)=共同

【川崎2-1鹿島】川崎が2点を先取して逃げ切った。前半2分、CKから谷口が詰めて先制。同30分には長谷川が巧みなトラップから左足で蹴り込んだ。鹿島は1点を追う後半に攻撃陣を投入して押し込んだが、染野のシュートはクロスバーに当たった。

【浦和0-0横浜M】互いに決め手を欠いて引き分けた。浦和は汰木が前半終了間際に左からの決定機を外し、後半10分には杉本が好機を逸した。横浜Mはなかなか攻めにリズムが生まれず、終了間際のエジガルジュニオのシュートは好守に阻まれた。

浦和―横浜M 後半、ボールを奪い合う浦和・興梠(左)と横浜M・仲川(4日、埼玉スタジアム)=共同

浦和―横浜M 後半、ボールを奪い合う浦和・興梠(左)と横浜M・仲川(4日、埼玉スタジアム)=共同

【仙台1-0湘南】仙台が逃げ切った。前半3分、ジャーメインの右クロスがそのまま入って先制。サイドを起点に攻め、椎橋や平岡らが粘り強い守備を見せた。湘南は前線になかなかボールが収まらず、積極的に放ったミドルシュートも枠を外した。

【F東京1-0柏】FC東京がセットプレーから決勝点を挙げた。0-0の後半17分、右CKを森重が頭で折り返し、ゴール前に飛び込んだ渡辺が触って先制。統率の取れた守備で相手の攻撃も封じた。柏はオルンガが再三の好機を決めきれなかった。

柏―FC東京 後半、相手のパスをカットするFC東京・渡辺剛=左(4日、三協F柏)=共同

柏―FC東京 後半、相手のパスをカットするFC東京・渡辺剛=左(4日、三協F柏)=共同

【大分2-0鳥栖】大分が競り勝った。0-0で折り返した後半21分、香川の左からのクロスに途中出場の田中が頭で合わせてネットを揺らし、終盤に再び田中が決めた。鳥栖は前半はシュート数で相手を上回ったが、ゴールにつながらなかった。

【名古屋2-1清水】名古屋が効果的なサイド攻撃で逆転勝ち。前半32分、マテウスの右クロスからのシミッチのシュートは2度阻まれたが、相馬が押し込んで同点。40分にも右サイドを崩してオウンゴールを誘った。清水は先制後の守備に課題を残した。

清水―名古屋 後半、シュートを放つ名古屋・相馬=右(4日、アイスタ)=共同

清水―名古屋 後半、シュートを放つ名古屋・相馬=右(4日、アイスタ)=共同

【札幌2-1横浜C】札幌が鈴木の2得点で競り勝った。前半3分に自らのシュートのこぼれ球を蹴り込んで先制。1-1の後半8分はチャナティップの縦パスで抜け出し、冷静に決めた。横浜FCは後半に押し込んだが、ゴール前でプレー精度を欠いた。

【C大阪2-1G大阪】C大阪は前半終了間際に丸橋の左クロスを奥埜が左足で決めて先制。後半17分には丸橋がミドルシュートで加点し、反撃をしのいで逃げ切った。G大阪は後半23分にアデミウソンがPKを決め、終盤も猛攻を見せたが及ばなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

前半にハットトリックとなる3点目を決めた名古屋・前田=共同

 なぜ前半だけで名古屋が5点の大差をつけられたのか。4得点の右ウイング、前田は言う。「(今季加入の)金崎選手がタメをつくってくれるから、僕らがどんどん追い越せる。DFを引き寄せてくれるのでサイド(に空 …続き (23:05)

 【ベルリン=共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)の強豪ユベントスは8日、サリ監督の解任を発表した。欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦でリヨン(フランス)に屈し、準々決 …続き (23:02)

川崎―大分 前半、先制ゴールを決め喜ぶ川崎・三笘=右(8日、等々力)=共同

 明治安田J1第9節第1日(8日・川崎市等々力陸上競技場ほか=7試合)首位の川崎は三笘らのゴールで大分を2―0で下し、8連勝で勝ち点を25に伸ばした。G大阪は終了間際の得点で横浜FCに2―1で競り勝っ …続き (22:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]