サッカー

23日のJ1 結果と戦評

2019/11/23 17:42
保存
共有
印刷
その他

【G大阪2-0仙台】G大阪が2トップの得点で快勝。後半24分に宇佐美が右からドリブルで攻め込み、そのままシュートして先制。8分後には宇佐美のパスをアデミウソンが決めた。仙台は序盤の好機を生かせず、守備も踏ん張りきれなかった。

G大阪―仙台 後半、先制ゴールを決め喜ぶG大阪・宇佐美(23日、パナスタ)=共同

G大阪―仙台 後半、先制ゴールを決め喜ぶG大阪・宇佐美(23日、パナスタ)=共同

【FC東京1-1湘南】攻めあぐねたFC東京が土壇場で追い付いた。0-1の後半ロスタイム、こぼれ球に反応した森重の右足ミドルシュートがネットを揺らした。運動量で上回った湘南は前半36分に松田が先制したが、最後にわずかな緩みを突かれた。

【清水1-1大分】清水が最終盤に追い付いた。0-1の後半43分、FKのこぼれ球からドウグラスがオーバーヘッドで放ったボールをドゥトラが頭で押し込んだ。前半に田中のゴールで先制した大分は後半も攻め立てたが、追加点を奪えなかった。

【広島0-0鹿島】ともに決定力を欠いて引き分けた。シュート数はほぼ互角で、前半は広島が左サイドから柏らが好機をつくったもののゴールを奪えなかった。後半は鹿島が中盤でボールを奪ってのカウンターで攻め込んだが、GKの好守に阻まれた。

【磐田2-1札幌】磐田が終了間際にPKを決め、競り勝った。押され気味だった前半26分にアダイウトンが先制。攻め込まれる時間帯が長かったが後半終盤の1失点でしのぎ、同ロスタイムに荒木がPKを沈めた。札幌はCKからの1点にとどまった。

【横浜M1-0松本】横浜Mは開始早々のゴールを守り、逃げ切った。前半2分に仲川が右からドリブルで中央に持ち込んで左足で決めた。追加点こそなかったが、その後も押し込む展開で危なげはなかった。松本はミスが多く、逆襲が不発で守勢が続いた。

松本―横浜M 前半、先制ゴールを決め駆けだす横浜M・仲川。奥は松本・GK守田(23日、サンアル)=共同

松本―横浜M 前半、先制ゴールを決め駆けだす横浜M・仲川。奥は松本・GK守田(23日、サンアル)=共同

【名古屋0-0鳥栖】ともに無得点で引き分けた。前半、カウンターでゴールに迫った名古屋は好機で決め切れなかった。鳥栖は前半に得たPKを金崎が外したのが痛く、何度かゴール前で絶好機をつくった後半もランゲラックの好セーブに阻まれた。

【神戸1-0C大阪】神戸が接戦を制した。多くの好機をつくり、後半31分に山口の縦パスを受けた古橋が相手1人をかわし、正確な左足のシュートで決勝点を奪った。組織的守備で粘ったC大阪は失点後に猛反撃したものの、無得点に終わった。

〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が18日、山形県内での講演で、男子東京五輪代表の森保一監督の去就が持ち上がる中で監督交代の判断基準に触れ、「連敗が危機だとは思っていない。本当の危機はチームの崩壊。そこ …続き (19:15)

 サッカーのフランス・カップは17日、カンで行われ、酒井宏樹の所属するマルセイユは下部リーグのグランビルとアウェーに3―0と快勝した。右サイドバックで先発した酒井は後半開始直後に警告を受け、同23分に …続き (16:38)

田中美南=共同

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のFW田中美南(25)がプレナスなでしこリーグの日テレからINAC神戸に完全移籍すると18日、両クラブが発表した。田中は日テレを通じ「今の夢は東京五輪で活躍し …続き (14:04)

ハイライト・スポーツ

[PR]