/

22日のJ1 結果と戦評

名古屋―G大阪 前半、先制ゴールを決めた山崎(左)と喜ぶ稲垣(右)ら名古屋イレブン(22日、豊田)=共同

【名古屋2-0G大阪】名古屋は前半29分、相馬の左クロスをゴール前で受けた山崎が冷静に先制した。これで流れに乗り、後半10分は縦に飛び出した相馬が追加点を奪った。前半の得点機を逃したG大阪は、終始後手に回る展開を強いられた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン