サッカー

31日のJ1 結果と戦評

2020/10/31 21:41
保存
共有
印刷
その他

【G大阪2-1札幌】G大阪が逆転勝ち。0-1の前半16分に井手口の得点で同点、後半17分には交代出場直後のパトリックがFKに頭で合わせて勝ち越した。札幌は前半、積極的に攻めて9分に先制したが追加点を奪えず、試合終盤の猛攻も実らなかった。

G大阪―札幌 前半、ゴールを決めるG大阪・井手口=手前中央(31日、パナスタ)=共同

G大阪―札幌 前半、ゴールを決めるG大阪・井手口=手前中央(31日、パナスタ)=共同

【川崎2-1FC東京】川崎は1-0の後半12分に隙を突かれて同点とされたが、同29分に勝ち越した。三笘がドリブルで左を突破し、そのパスを中村が左足で蹴り込んだ。FC東京はディエゴオリベイラのゴールで粘ったが、守備陣が耐え切れなかった。

川崎―FC東京 後半、シュートを放つ川崎・登里(31日、等々力)=共同

川崎―FC東京 後半、シュートを放つ川崎・登里(31日、等々力)=共同

【名古屋2-0鹿島】名古屋が快勝した。前半7分、金崎がPKで先制。中谷、丸山を中心にした堅い守備を見せ、後半終了間際にマテウスが加点した。鹿島は前線で起点をつくれず、攻め手を欠いた。後半にファンアラーノが退場したのも響いた。

鹿島―名古屋 前半、先制のPKを決める名古屋・金崎(31日、カシマ)=共同

鹿島―名古屋 前半、先制のPKを決める名古屋・金崎(31日、カシマ)=共同

【柏0-0清水】ともにゴールを奪えずに引き分けた。前半は清水が相手DFの背後を狙ったパスでチャンスを再三つくったが、先制できなかった。柏は後半途中からパスがつながり、神谷や呉屋が決定機を迎えたが、シュートの精度を欠いた。

【湘南1-0横浜FC】互いが後半に攻撃を活性化させ、湘南が競り勝った。後半34分、岡本のパスで裏に抜けた指宿がゴール左に決めた。体を張った守りで終盤の相手の猛攻に耐えた。横浜FCも好機はあったが、シュートがポストに阻まれる不運もあった。

【大分0-0浦和】両チーム得点なく引き分けた。試合は終始大分が支配。両サイドからの分厚い攻撃で好機をつくるも、GKの好セーブなどで決定機を生かせなかった。浦和は右サイドのマルティノスが突破力を見せたが、ゴールを脅かせなかった。

大分―浦和 後半、ゴール前への突破を大分・高山(中央)に阻まれる浦和・マルティノス(31日、昭和電ドーム)=共同

大分―浦和 後半、ゴール前への突破を大分・高山(中央)に阻まれる浦和・マルティノス(31日、昭和電ドーム)=共同

【仙台0-0広島】互いに決め手を欠いた。押し込む時間が長かった広島はサイドを起点に好機を探ったが、ドウグラスがヘディングを外すなど仕留め損なった。仙台は4バックから3バックに変えた終盤に巻き返すも、FKからの決定機を平岡が逸した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 明治安田J2第36節(鳴門ポカリスエットスタジアムほか=11試合)徳島は町田を3―0で下し、勝ち点を74として首位を守った。2位福岡は東京Vと1―1で引き分け勝ち点70。3位の長崎も松本に終了間際に …続き (22:29)

【仙台1―0鳥栖】仙台が3試合ぶりの勝利を挙げた。後半33分、長沢が右クロスを頭で合わせる4戦連続ゴールで決勝点とした。劣勢の場面が続いたが、集中した守備でピンチを防いだ。鳥栖はシュートがポストに当た …続き (22:17)

サッカーJ1でG大阪を下し2年ぶり3度目のリーグ制覇を決め、大喜びの川崎イレブン(25日、川崎市の等々力陸上競技場)=共同

 サッカーのJ1川崎は25日、ホームの川崎市等々力陸上競技場でG大阪を5―0で下し、2年ぶり3度目のリーグ制覇を決めた。4試合を残しての優勝は、2010年に3試合を残して優勝した名古屋を上回る最速記録 …続き (21:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]