/

22日のJ1 結果と戦評

(更新)

【F東京1-0G大阪】FC東京が開始1分で先制。右を内田が突破し、クロスをディエゴオリベイラが押し込んだ。追加点は奪えなかったが、堅守速攻のスタイルで主導権を握って逃げ切った。G大阪はパスミスが目立ち、攻撃に勢いが出なかった。

FC東京―G大阪 後半、攻め込むFC東京・ディエゴオリベイラにタックルするG大阪・菅沼=下(22日、味スタ)=共同

【徳島0-0名古屋】互いに決定力を欠いて引き分けた。名古屋は相手にボールを保持されて押し込まれる時間帯を堅守でしのいだ。終盤は攻勢に転じたものの無得点に終わった。徳島は宮代らが何度もゴールに迫ったが、最後の詰めが甘かった。

【福岡2-1湘南】福岡が逆転勝ち。0-1で迎えた後半、20分にFKからブルーノメンデスが頭で決め、26分にドウグラスグローリがゴール前でこぼれ球を押し込む。湘南は前半32分に名古が先制ゴールを決めたが、後半はシュート1本に終わった。

福岡―湘南 後半、決勝ゴールを決めた福岡・ドウグラスグローリ(左端)。GK谷(22日、ベススタ)=共同

【横浜M1-1柏】横浜Mが追いついた。攻め続けながらも後半37分に先制を許したが、同41分に松原が右足でロングシュートを決めた。柏はシノヅカが左クロスに右足から飛び込んで先行。押し込まれても耐えていたが、失点場面は寄せが甘かった。

【浦和2-0神戸】得点機を確実にものにした浦和が快勝した。後半2分、汰木の左クロスに田中が頭で合わせて先制し、40分には右からのボールをユンカーが左足で蹴り込み加点。堅守で危なげなく逃げ切った。神戸は古橋らが好機を生かせなかった。

浦和―神戸 後半、先制ゴールを決め、抱き合い喜ぶ浦和・田中=中央(22日、埼玉スタジアム)=共同

【川崎3-1横浜C】川崎が3ゴールで逃げ切った。前半19分に家長のPKで先制。9分後には相手ゴール前で球を奪って田中が加点し、後半2分は右を崩して最後は三笘が決めた。横浜FCは攻撃の軸となったクレーベが頭で1点を返すにとどまった。

【札幌2-0清水】立ち上がりからボールを支配した札幌が快勝した。後半6分に福森の左クロスをジェイが浮かせ、最後はアンデルソンロペスが左足でたたき込んで先制。4分後にはCKのこぼれ球を金子が決めた。清水は決定機を生かせなかった。

【鳥栖2-1鹿島】鳥栖が逆転勝ち。0-1の後半5分にGKがはじいたこぼれ球を山下が押し込んで追い付くと、後半34分に樋口の強烈な右足シュートで勝ち越した。鹿島は前半14分に松村の先制点で優位に立ったが、後半は防戦一方だった。

鳥栖―鹿島 後半、競り合う鳥栖・樋口(中央)と鹿島・町田(22日、駅スタ)=共同

【仙台2-1大分】好機を得点に結びつけた仙台が競り勝った。前半5分に速攻から裏に抜けた西村が先制。1-1の後半30分は富田の右クロスを加藤千が頭で決めた。大分は前半12分にこぼれ球を長沢が押し込み追い付いたが、加点できなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン