プロ野球

19日のプロ野球 結果と戦評

2020/9/19 18:00 (2020/9/19 22:27更新)
保存
共有
印刷
その他

【広島3-2ヤクルト】広島が競り勝った。1-2の八回に堂林の13号ソロで追い付き、延長十回2死二、三塁で大盛の適時内野安打で勝ち越した。3番手のフランスアが2勝目。ヤクルトは二回に坂口の2ランで逆転したが逃げ切れず連勝が3で止まった。

10回広島2死二、三塁、大盛が決勝の二塁内野安打を放つ(19日、神宮)=共同

10回広島2死二、三塁、大盛が決勝の二塁内野安打を放つ(19日、神宮)=共同

【オリックス6-3西武】オリックスは山崎福がテンポ良く、7回を源田の犠飛による1点に抑え、8月6日以来の3勝目を挙げた。1-1の六回にロドリゲスの2点二塁打と暴投で3点を勝ち越し、七回は失策に乗じて加点。西武は拙攻続きで3連敗となった。

【楽天3-1ソフトバンク】楽天が勝率5割に復帰。1-1の七回に浅村の適時打で勝ち越し、九回は茂木の適時打で加点した。プロ初登板の滝中が六回途中1失点と試合をつくり、酒居が3勝目。九回はブセニッツが締めた。ソフトバンクは連勝が3で止まった。

プロ初登板し、6回途中1失点と好投した楽天・滝中(19日、ペイペイドーム)=共同

プロ初登板し、6回途中1失点と好投した楽天・滝中(19日、ペイペイドーム)=共同

【日本ハム3-1ロッテ】日本ハムが接戦を制した。一回に中田の犠飛で先取点を挙げ、六回に代打大田の適時打に失策が絡んで2点を加えた。有原は8回を投げて単打のみの5安打に抑え無失点で5勝目。ロッテは九回に1点を返すのが精いっぱいだった。

【DeNA7-1巨人】DeNAが快勝した。一回に佐野の適時打で先制。三回に梶谷、ソトの2者連続ソロで加点し、七回に梶谷と佐野の2ランで4点を奪って突き放した。浜口が六回途中1失点で5勝目。巨人は零敗を免れるのがやっとで3連敗を喫した。

6回途中1失点で5勝目を挙げたDeNA・浜口(19日、横浜)=共同

6回途中1失点で5勝目を挙げたDeNA・浜口(19日、横浜)=共同

【中日4-1阪神】中日が連敗を3で、阪神戦の連敗も5で止めた。四回に阿部の3ランで先制し、七回も加点。福谷が七回途中で負傷降板するまで無失点と好投し、4勝目。阪神は秋山が自身の2失策で崩れ、打線も九回に1点を返したが及ばなかった。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

5回1死三塁、ソフトバンク・中村晃の右犠飛で周東が勝ち越しの生還=共同

 ソフトバンクの強さは札幌ドームの日本ハムファンをしらけさせるほどだった。連夜の圧勝で2011年以来の10連勝。2位ロッテが敗れ、マジック8が点灯した。

【関連記事】
21日のプロ野球 結果と戦評
 1点 …続き (23:15)

五回ソフトバンク1死三塁、中村晃の右犠飛で周東が勝ち越しの生還。投手バーヘイゲン、捕手清水(21日、札幌ドーム)=共同

【ソフトバンク9―1日本ハム】ソフトバンクが9季ぶりの10連勝。0―1の五回に周東の適時三塁打と中村晃の犠飛で逆転し、七回に柳田の適時打とグラシアルの2点二塁打で突き放した。千賀が七回途中1失点で9勝 …続き (22:16)

福留孝介外野手=共同

 プロ野球阪神は、日米通算2407安打を誇る福留孝介外野手(43)について、来季の戦力構想外を検討していることが21日、関係者への取材で分かった。現役最年長で、プロ22年目の今季は出場43試合にとどま …続き (11:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]