プロ野球

19日のプロ野球 結果と戦評

2019/9/19 21:05 (2019/9/19 22:47更新)
保存
共有
印刷
その他

【DeNA11-8広島】DeNAが打ち勝った。0-7の六回にソトの3ランと代打梶谷の満塁本塁打で同点。1点を追う八回は梶谷が同点二塁打。延長十一回無死一、二塁からソトがサヨナラ3ランを放った。広島には2年ぶりの勝ち越し。広島は3連敗。

6回DeNA1死一、二塁、ソトが左中間に3ランを放つ(19日、横浜)=共同

6回DeNA1死一、二塁、ソトが左中間に3ランを放つ(19日、横浜)=共同

【ソフトバンク4-3オリックス】ソフトバンクが連敗を3で止めた。二回に松田宣の適時打で先制、3-3の八回に中村晃の犠飛で勝ち越した。3番手のモイネロが3勝目、森が33セーブ目を挙げた。オリックスは3連敗でCS進出の可能性が消滅した。

8回ソフトバンク1死二、三塁、中村晃が勝ち越しの右犠飛を放つ(19日、ヤフオクドーム)=共同

8回ソフトバンク1死二、三塁、中村晃が勝ち越しの右犠飛を放つ(19日、ヤフオクドーム)=共同

【楽天2-0ロッテ】楽天が3連勝でロッテと入れ替わり3位に浮上した。一回に銀次の適時打で1点を先制し、九回に島内の適時三塁打で突き放した。則本昂が8回3安打無失点で4勝目を挙げ、松井が36セーブ目。ロッテは二塁すら踏めず零敗を喫した。

ロッテ戦に先発し、8回無失点で4勝目を挙げた楽天・則本昂(19日、ZOZOマリン)=共同

ロッテ戦に先発し、8回無失点で4勝目を挙げた楽天・則本昂(19日、ZOZOマリン)=共同

【ヤクルト8-0阪神】ヤクルトが快勝した。球威があった小川は2季ぶりの完封を無四球で飾り、5勝目。一回に山田哲が先制二塁打を放ち、五回は塩見のプロ初本塁打の2ランに、バレンティンも2ランで加点した。高橋遥がつかまった阪神は5位に後退。

2季ぶりの完封で5勝目を挙げたヤクルト・小川(19日、甲子園)=共同

2季ぶりの完封で5勝目を挙げたヤクルト・小川(19日、甲子園)=共同

【西武2-0日本ハム】西武が4投手で無失点リレーを完成させた。一回に森の適時打で先制し、六回に栗山の適時二塁打で加点した。十亀が八回途中無失点で約2カ月ぶりの5勝目。小川、平井とつなぎ、増田が29セーブ目。日本ハムは今季12度目の零敗。

日本ハム戦に先発し、8回途中無失点で5勝目を挙げた西武・十亀(19日、メットライフドーム)=共同

日本ハム戦に先発し、8回途中無失点で5勝目を挙げた西武・十亀(19日、メットライフドーム)=共同

【中日2-1巨人】中日が逆転で3連勝を飾り、巨人戦は6連勝となった。1点を先行された六回に福田の適時二塁打で同点。八回は再び、福田の適時二塁打で1点を勝ち越した。ロドリゲスが好救援して3勝目。巨人は投打に精彩を欠き3連敗を喫した。

6回中日2死二塁、福田が左翼線に同点二塁打を放つ。捕手大城(19日、ナゴヤドーム)=共同

6回中日2死二塁、福田が左翼線に同点二塁打を放つ。捕手大城(19日、ナゴヤドーム)=共同

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

移動日となった21日に東京ドームで打撃練習する巨人・丸=共同

 SMBC日本シリーズ2019は22日、東京ドームに舞台を移して第3戦が行われる。ヤフオクドームでは3年連続日本一を目指すソフトバンク(パ・リーグ2位)が、7年ぶりの日本一を狙う巨人(セ・リーグ優勝) …続き (21日 21:07)

 NPBエンタープライズは21日、国際大会「プレミア12」に出場する日本代表に選ばれていた楽天の松井裕樹投手と森原康平投手が出場を辞退したと発表した。松井は左肘、森原は右肘に違和感があるためで、代替選 …続き (21日 20:30)

チームミーティング後、取材に応じる野球日本代表の稲葉監督(21日、宮崎市)=共同

 11月に開催される野球の国際大会「プレミア12」に出場する日本代表が21日、宮崎市で22日から始まる合宿に備えて集合した。チーム宿舎で行われたミーティングで、稲葉篤紀監督は「(4年前の)前回は3位と …続き (21日 20:27)

ハイライト・スポーツ

[PR]