プロ野球

19日のプロ野球 結果と戦評

2019/4/19 20:47 (2019/4/19 22:12更新)
保存
共有
印刷
その他

【広島2-1DeNA】広島がサヨナラで逆転勝ちした。0-1の八回に代打西川の適時打で追い付き、延長十回1死満塁で会沢の中越えの適時打で試合を決めた。DeNAは今永が7回無失点と好投したが、救援陣がつかまり3連敗を喫した。

10回広島1死満塁、会沢が中越えにサヨナラ打を放つ(19日、マツダ)=共同

10回広島1死満塁、会沢が中越えにサヨナラ打を放つ(19日、マツダ)=共同

【巨人12-4阪神】巨人が今季最多12得点で大勝。小林が二回の先制の1号3点本塁打を含むプロ初の4安打と活躍した。菅野が七回途中3失点で3勝目。守備の乱れもあってメッセンジャーが崩れた阪神は、このカードは昨年から1分けを挟んで7連敗。

【ソフトバンク2-0西武】ソフトバンクの千賀が8回2安打無失点で11三振を奪い、今季初勝利。チームの連敗を3で止めた。打線は三回に2死から走者をため、今宮、松田宣の連続適時打で2点を挙げた。西武はわずか2安打と打線が沈黙して3連敗。

【中日4-2ヤクルト】中日が3連勝。阿部が二回に同点適時打、四回に2ランを放って3打点とした。3-2の七回は高橋の押し出し四球で加点。笠原は5回2/3を2失点で2勝目。継投も決まり、鈴木博が6セーブ目。ヤクルトは投打がかみ合わなかった。

4回中日1死一塁、阿部が左中間に2ランを放つ(19日、ナゴヤドーム)=共同

4回中日1死一塁、阿部が左中間に2ランを放つ(19日、ナゴヤドーム)=共同

【オリックス5-4楽天】オリックスが競り勝った。4-4の九回に頓宮が2試合連続となる2号ソロで勝ち越した。山岡が10三振を奪うなど8回4失点の力投で2勝目を挙げ、増井が5セーブ目。楽天は2度リードを奪いながら投手陣が踏ん張れなかった。

〔共同〕

9回オリックス1死、頓宮が左中間に勝ち越しソロを放つ(19日、楽天生命パーク)=共同

9回オリックス1死、頓宮が左中間に勝ち越しソロを放つ(19日、楽天生命パーク)=共同

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

ドラフト1位指名のあいさつで訪れたDeNA・ラミレス監督(左)とポーズをとる桐蔭学園高の森敬斗内野手(18日、横浜市)=共同

 ドラフト会議でDeNAから1位指名を受けた神奈川・桐蔭学園高の森敬斗内野手が18日、横浜市内の同校でラミレス監督らの訪問を受けた。投手が豊作だった今年のドラフトで最初に指名した熱意を伝えられ「1年目 …続き (18日 20:27)

引退記者会見を行った楽天・今江(18日、楽天生命パーク)=共同

 楽天の今江年晶内野手(36)が18日、楽天生命パーク宮城で引退記者会見を行った。今季はキャンプ直前に右目の不調を訴えて26試合の出場にとどまり「悪くなると私生活に影響する状況。年齢もあるし引退しよう …続き (18日 19:38)

ヤクルトの伊東昭光編成部長(右)と阿部健太スカウト(左)から指名あいさつ受け、「交渉権確定」の当たりくじを受け取った星稜高の奥川恭伸投手(18日、金沢市)=共同

 3球団から1位指名を受け、ヤクルトが交渉権を獲得した石川・星稜高の奥川恭伸投手が18日、金沢市の同校でヤクルトの伊東昭光編成部長と、担当の阿部健太スカウトから指名あいさつを受け「少しずつ実感が湧いて …続き (18日 19:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]