/

28日のプロ野球 結果と戦評

(更新)

【オリックス3-3ソフトバンク】互いに決め手を欠き引き分けた。ソフトバンクは2点を追う六回に三ゴロ野選の間に1点を返し、七回に牧原の適時打で追い付いたがその後がつながらなかった。オリックスは同点とされた七回以降は、1安打に終わった。

【ヤクルト2-1巨人】ヤクルトがサヨナラ勝ちした。0-1の八回に荒木の遊ゴロの間に追い付き、延長十回2死二塁から太田の右翼線適時打で勝負を決めた。十回を抑えた梅野が2勝目。巨人は拙攻で、八回途中1失点の山口に勝利を付けられなかった。

10回ヤクルト2死二塁、太田が右翼線にサヨナラ打を放つ(28日、神宮)=共同

【阪神7-0DeNA】阪神が3試合連続の無失点リレーで4連勝。西は3併殺を奪う粘りで5回を封じ、5連勝で2年連続の2桁勝利に達した。打線は四回に中谷の2点打や木浪のスクイズなどで4点先取し、八回は3得点。DeNAは今永が四球から崩れた。〔共同〕

DeNA戦に先発し、5回4安打無失点で10勝目を挙げた阪神・西(28日、横浜)=共同

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン