2019年5月21日(火)

プロ野球

18日のプロ野球 結果と戦評

2019/4/18 21:38
保存
共有
印刷
その他

【ロッテ5-2ソフトバンク】ロッテが今季初の3連勝。1-1の三回、角中と加藤の適時打などで4点を勝ち越し。先発の二木は5回2失点で2勝目。六回以降は4人の継投で追加点を許さず益田が3セーブ目。ソフトバンクの武田は3回5失点で初黒星を喫した。

3回ロッテ1死一、二塁、角中が右前に勝ち越し打を放つ。捕手甲斐(18日、ZOZOマリン)=共同

3回ロッテ1死一、二塁、角中が右前に勝ち越し打を放つ。捕手甲斐(18日、ZOZOマリン)=共同

【阪神13-5ヤクルト】阪神が5本塁打を含む16安打13得点。一回に先制3ランの大山が4-1の三回にソロを放ち、中谷は2打席続けて2ラン。昨季0勝で今季初登板先発の岩田は失策絡みの5失点で、4季ぶりの完投勝利。ヤクルトは3連勝で止まった。

1回阪神1死一、二塁、大山が左中間に先制3ランを放つ(18日、神宮)=共同

1回阪神1死一、二塁、大山が左中間に先制3ランを放つ(18日、神宮)=共同

【日本ハム7-3オリックス】日本ハムは四回に王柏融の適時二塁打で先制。六回に中田の適時打、横尾の2点二塁打で3点、4-3の九回に中島の適時打と失策で3点を加えた。金子は5回無失点で移籍後初勝利。オリックスは七回に1点差としたが及ばなかった。〔共同〕

オリックス戦に先発した日本ハム金子(18日、ほっともっと神戸)=共同

オリックス戦に先発した日本ハム金子(18日、ほっともっと神戸)=共同

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 【ニューヨーク=共同】プロ野球巨人の上原浩治投手の現役引退を受け、元同僚の松井秀喜氏は20日までに談話を寄せ「21年間、日米で素晴らしい実績を残してこられたことに心から拍手を送りたいと思います」とね …続き (10:21)

引退を表明する巨人の上原浩治投手(20日、東京都内のホテル)=共同

 日米通算21年で134勝を挙げたプロ野球巨人の上原浩治投手(44)が20日、東京都内のホテルで記者会見し「本日をもちまして21年間の現役生活を終えたいなと思います」と目を潤ませながら引退を表明した。
…続き (20日 18:42)

記者会見で現役引退を発表し、涙を拭う巨人の上原

 ポンポンとストライクゾーンに投げ込むテンポの良さは、球威自体は日本時代より衰えたとみられるレッドソックスの抑え時代にますますさえ渡った。その秘訣は?
【巨人・上原が引退 日米21年、現役最年長44歳で …続き (20日 18:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]