プロ野球

28日のプロ野球 結果と戦評

2020/6/28 17:35 (2020/6/28 21:41更新)
保存
共有
印刷
その他

【DeNA9-1阪神】DeNAが快勝。0-1の一回に佐野、宮崎の適時二塁打などで3点を奪い逆転。4-1の七回には柴田の適時打と大和の2点二塁打で加点した。平良が6回1失点で今季初勝利。阪神は投打とも精彩を欠き、3カード連続の負け越し。

1回DeNA2死二塁、佐野が左越えに二塁打を放つ(28日、横浜)=共同

1回DeNA2死二塁、佐野が左越えに二塁打を放つ(28日、横浜)=共同

【ロッテ6-5オリックス】ロッテが競り勝ち、7年ぶりの8連勝とした。5-3の八回に追い付かれたが、その裏にレアードの5号ソロで勝ち越した。3番手の東條が今季初勝利。オリックスは3点を先制したが、山本が六回途中5失点と誤算で6連敗を喫した。

【広島10-3中日】広島が15安打10点で大勝した。二回に田中広、ピレラの適時打と西川の2点二塁打で4点を先制。その後も3本塁打で加点した。新人の森下が150キロを超す直球で好投し、8回2/3を3失点でプロ初勝利。中日は梅津が7失点と崩れた。

9回途中3失点でプロ初勝利を挙げた広島・森下(28日、ナゴヤドーム)=共同

9回途中3失点でプロ初勝利を挙げた広島・森下(28日、ナゴヤドーム)=共同

【巨人12-0ヤクルト】巨人は二回に増田大の押し出し四球で先制すると丸、坂本、岡本が3者連続適時打で続くなど計5点を奪った。その後も岡本の4号ソロなどでリードを広げた。サンチェスが6回無失点で2勝目。ヤクルトは投打に精彩を欠いた。

【日本ハム6-4楽天】日本ハムは一回に中田の2試合連続の5号2ランで先制した。三回に押し出し四球などで2点を加え、四回には西川が1号ソロを放った。杉浦は力のある直球を軸に6回2失点で今季初勝利。楽天は石橋が踏ん張れず2敗目を喫した。

【西武4-3ソフトバンク】西武が今季初のサヨナラ勝ちで3連勝。2-3の六回に山川の3戦連発となる5号ソロで追い付き、九回無死満塁から森の中前適時打で試合を決めた。ソフトバンクは三回以降は無安打に終わり、全て逆転負けでの3連敗を喫した。〔共同〕

9回西武無死満塁、森が中前にサヨナラ打を放つ(28日、メットライフドーム)=共同

9回西武無死満塁、森が中前にサヨナラ打を放つ(28日、メットライフドーム)=共同

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手に原監督(右)に祝福される巨人・大江=共同


 セ・リーグ2連覇を目指す巨人は今季、2軍から上げた若手やトレードで獲得した新顔を積極的に起用している。新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れ、過密日程となっている今季はけが人が出ることも予想され、特に …続き (10日 21:40)

8回DeNA2死三塁、宮崎が中前に適時打を放つ(10日、横浜)=共同

【DeNA6―4阪神】DeNAが3連勝を飾った。1―1の四回に国吉の2点二塁打で勝ち越し、五回に佐野のソロなどで2点、八回に宮崎の適時打で加点した。先発の武藤をはじめ、救援投手だけでつなぎ、国吉が2勝 …続き (10日 21:36)

今季初勝利を挙げたロッテ・中村稔(9日、京セラドーム)=共同

 オリックス・T―岡田の鮮やかなスタートにどよめきが起こった。四回2死から四球で出て、伏見の2球目に二盗。ロッテの左腕、中村稔が投球動作に入る前に走り出す賭けが吉と出た。
【9日のプロ野球 結果と戦評】 …続き (9日 21:40)

ハイライト・スポーツ

[PR]