プロ野球

27日のプロ野球 結果と戦評

2019/8/27 16:50 (2019/8/27 23:00更新)
保存
共有
印刷
その他

【楽天5-2ロッテ】楽天は2-2の延長十回1死一、二塁からブラッシュの左中間への3ランでサヨナラ勝ちした。ブラッシュは2本塁打でチームの全5打点を挙げた。宋家豪が2勝目。ロッテは六回に追い付いた粘りが実らず、連勝が3で止まった。

10回、サヨナラ3ランを放ちナインの手荒い祝福を受ける楽天・ブラッシュ=中央(27日、楽天生命パーク)=共同

10回、サヨナラ3ランを放ちナインの手荒い祝福を受ける楽天・ブラッシュ=中央(27日、楽天生命パーク)=共同

【DeNA5-3ヤクルト】DeNAは2-3の五回に筒香の三ゴロで追い付き、七回に筒香と代打嶺井の適時打で2点を勝ち越した。継投が決まりエスコバーが4勝目、山崎が27セーブ目を挙げた。ヤクルトは得点が村上の31号などソロ3本で、競り負けた。

9回に登板し、27セーブ目を挙げたDeNA・山崎(27日、横浜)=共同

9回に登板し、27セーブ目を挙げたDeNA・山崎(27日、横浜)=共同

【広島2-0巨人】広島が巨人戦の5年連続勝ち越しを決めた。二回に松山の右越えソロで先手を取り、四回はメヒアのソロで加点。ジョンソンが7回無失点で9勝目を飾った。巨人は毎回のように走者を出しながら、あと1本が出なかった。

【西武8-2日本ハム】西武は2-2の六回に金子侑の併殺打の間に1点を勝ち越し、七回に栗山の2点二塁打と山川の適時二塁打で3点、八回に秋山の適時打と森の適時二塁打で2点を加えた。ニールが6回2失点で粘り8勝目。日本ハムは救援陣が崩れた。〔共同〕

7回西武1死一、二塁、栗山が右中間に2点二塁打を放つ(27日、釧路)=共同

7回西武1死一、二塁、栗山が右中間に2点二塁打を放つ(27日、釧路)=共同

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ロッテのドラフト1位新人の佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)がキャンプを1軍でスタートすることが22日、決まった。東京都内でのコーチ会議終了後に井口資仁監督が「吉井投手コーチの下、投球フォームを固めて …続き (20:29)

プロ野球の12球団監督会議を終え、記者会見する巨人の原辰徳監督(22日、東京都内のホテル)=共同

 プロ野球の12球団監督会議が22日、東京都内で開かれ、座長を務めた巨人の原辰徳監督がパ・リーグに対して劣勢が続くセ・リーグ各球団の監督に奮起を呼びかける一幕があった。
 原監督は会議後の記者会見に出席 …続き (18:22)

投球練習するDeNA・上茶谷。右は山崎(22日、沖縄県宮古島市)=共同

 DeNAの2年目の上茶谷大河投手が22日、沖縄県宮古島市で練習を公開し、共に鍛える山崎康晃投手の調整法を参考にしていることを明らかにした。投球より土台となる体の強化に重点を置き「去年は出力を上げられ …続き (17:39)

ハイライト・スポーツ

[PR]