プロ野球

17日のプロ野球 結果と戦評

2020/9/17 21:48
保存
共有
印刷
その他

【楽天5-4オリックス】楽天が連敗を3で止め、勝率を5割に戻した。三回に田中の6号2ランで先制。四、六回に渡辺佳の適時打、七回に浅村の24号ソロで小刻みに加点した。松井が5回2失点で2勝目。オリックスは終盤の反撃も及ばなかった。

3回楽天2死一塁、田中が右中間に先制2ランを放つ(17日、ほっともっと神戸)=共同

3回楽天2死一塁、田中が右中間に先制2ランを放つ(17日、ほっともっと神戸)=共同

【ヤクルト9-0DeNA】ヤクルトが快勝した。二回に失策で先取点を挙げ、五回に浜田のプロ初本塁打や青木の適時二塁打などで3点を奪い、リードを広げた。高梨はフォークボールがさえ、5回無失点で3勝目を挙げた。DeNAは投打ともに精彩を欠いた。

【阪神11-0巨人】阪神は西勇が2試合連続の無四球で完封勝利を飾った。打線は一回に近本の先頭打者本塁打などで2点を先制。二回にサンズと大山の連続適時打などで3点を加えた。東京ドームでは今季9戦目で初勝利。巨人は連勝が9で止まった。

4安打無四球で2試合連続の完封勝利を挙げた阪神・西勇(17日、東京ドーム)=共同

4安打無四球で2試合連続の完封勝利を挙げた阪神・西勇(17日、東京ドーム)=共同

【ロッテ8-1西武】ロッテは二回に失策と柿沼のスクイズで2点を先制し、三回にマーティンのソロ、四回に角中の適時二塁打、六回の角中の2ランと着実に得点した。岩下が九回途中1失点で5勝目。西武は打線が振るわず、連勝が3で止まった。

【ソフトバンク2-1日本ハム】ソフトバンクは0-0の九回にグラシアルの適時打と失策の間に2点を勝ち越した。東浜が制球良く8回6安打無失点で4勝目を飾り、森が22セーブ目。日本ハムは上原を打線が援護できず、九回の中田のソロのみに終わった。〔共同〕

9回ソフトバンク無死一、二塁、グラシアルが右前に先制打を放つ(17日、札幌ドーム)=共同

9回ソフトバンク無死一、二塁、グラシアルが右前に先制打を放つ(17日、札幌ドーム)=共同

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

楽天戦に先発した西武・浜屋=共同


 最後はヒヤヒヤの1点差にも「追いつかれなかったからね。投手が頑張った」と辻監督。投打がかみ合っての逃げ切りにいい流れを感じている。

 「いい経験になっている」と辻監督が成長を認めるルーキー浜屋が粘った …続き (28日 23:13)

3回DeNA2死二、三塁、伊藤光が右中間に勝ち越しの2点三塁打を放つ。捕手大城(28日、横浜)=共同

【DeNA10―6巨人】DeNAが3連勝で勝率を5割に戻した。4―4の三回に伊藤光の2点三塁打と失策で4点を勝ち越し、八回にオースティンの適時打などで2点を加点。2番手の伊勢が3勝目。巨人は高橋が三回 …続き (28日 22:07)

3回ソフトバンク2死一塁、打者川島のとき、二盗を決める周東。二塁手中村奨。11試合連続盗塁のプロ野球記録に並んだ(28日、ペイペイドーム)=共同

 ソフトバンクの周東佑京内野手が28日、ペイペイドームで行われたロッテ20回戦の三回に二盗を決め、1971年と74年に福本豊(阪急)が作った11試合連続盗塁のプロ野球記録に並んだ。16日の楽天戦から続 …続き (28日 19:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]