2019年5月25日(土)

プロ野球

17日のプロ野球 結果と戦評

2019/4/17 22:35
保存
共有
印刷
その他

【ヤクルト2-2阪神】延長十二回引き分け。阪神は四回に大山の2点本塁打で先制。先発の青柳が7回無失点と好投したが、ヤクルトは八回にバレンティンが2点打を左前に放って追い付いた。九回以降は互いに好機をつくったが、あと一本が出なかった。

【楽天7-4西武】楽天がリーグ10勝一番乗りで単独首位に浮上。2-3の五回に浅村の3号3ランで逆転し、六回に茂木の2点二塁打で差を広げた。福井は5回3失点で2勝目。松井が九回無死満塁をしのいだ。西武は本田が五回途中5失点と崩れた。

5回楽天2死一、二塁、浅村が左中間に通算150号となる逆転3ランを放つ(17日、楽天生命パーク)=共同

5回楽天2死一、二塁、浅村が左中間に通算150号となる逆転3ランを放つ(17日、楽天生命パーク)=共同

【広島5-4巨人】広島が逆転勝ちした。2-4の九回無死一、三塁から西川の一ゴロ、菊池涼の適時二塁打、石原の適時打で3点を奪った。九回は中崎がしのぎ2セーブ目。巨人は八回に丸の5号2ランで勝ち越したが、九回にクックが崩れ来日初黒星。

巨人に勝利し、石原を迎える広島・緒方監督(17日、リブワーク藤崎台)=共同

巨人に勝利し、石原を迎える広島・緒方監督(17日、リブワーク藤崎台)=共同

【オリックス6-4日本ハム】オリックスは一回に吉田正の3戦連発となる5号ソロで先制し、四回まで毎回得点して主導権を握った。3年目の榊原が走者を出しながらも要所を締めて6回1失点でプロ初勝利。日本ハムはロドリゲスが4回4失点と誤算だった。

日本ハム戦に先発し、6回1失点でプロ初勝利を挙げたオリックス・榊原(17日、京セラドーム)=共同

日本ハム戦に先発し、6回1失点でプロ初勝利を挙げたオリックス・榊原(17日、京セラドーム)=共同

【中日3-1DeNA】中日がDeNAと入れ替わり浮上。一回に大島の適時打で先制。五回に阿部の適時二塁打、平田の犠飛で加点した。山井は六回途中まで1失点の好投で2勝目。鈴木博が5セーブ目。DeNAは山井に一昨年から5連敗となった。

【ロッテ1-0ソフトバンク】ロッテは五回に荻野が中前適時打を放ち先制。先発の岩下が6回1安打無失点で今季初勝利を挙げた。七回以降は酒居、唐川、益田の継投で逃げ切った。ソフトバンクは先発の大竹が8回1失点と好投したが、援護なく初黒星を喫した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

7回に登板し2勝目を挙げた西武・森脇(25日、メットライフドーム)=共同

【西武7―5日本ハム】西武が今季初の5連勝とした。5―5の七回に押し出し四球と栗山の犠飛で2点を勝ち越した。3番手の森脇が好救援して2勝目を挙げ、増田が8セーブ目。日本ハムは四回に清宮の2点二塁打など …続き (17:33)

カーター・スチュワート投手=ゲッティ共同

 プロ野球ソフトバンクは25日、米大リーグのドラフト会議(6月)の上位指名候補だった、カーター・スチュワート投手(19)との契約に合意したと発表した。30日(日本時間31日)に米カリフォルニア州で記者 …続き (15:47)

8回広島無死、バティスタが左越えにこの試合2本目の本塁打を放つ=共同

 熱を帯びた首位攻防ではあったが、イニングが進むにつれて際立ったのは広島打線の迫力だった。とりわけ中軸の破壊力では巨人の一枚も二枚も上手。連勝が途切れないチームの勢いが如実に表れた。
24日のプロ野球 …続き (24日 23:10)

ハイライト・スポーツ

[PR]