2019年9月17日(火)

プロ野球

6日のプロ野球 結果と戦評

2019/8/6 21:20 (2019/8/6 23:20更新)
保存
共有
印刷
その他

【ロッテ4-2ソフトバンク】ロッテが3連勝で勝率を5割に戻した。2-2の延長十一回、1死一塁から、清田が左翼へサヨナラ2ランを放った。ソフトバンクは1-2の八回にデスパイネのソロで同点としたが、5番手の松田遼が手痛い一発を浴びた。

11回ロッテ1死一塁、清田が左越えにサヨナラ2ランを放つ。捕手高谷(6日、ZOZOマリン)=共同

11回ロッテ1死一塁、清田が左越えにサヨナラ2ランを放つ。捕手高谷(6日、ZOZOマリン)=共同

【広島8-4DeNA】広島は2-3の四回に西川の2ランで逆転し、五回に会沢と小園の適時打、六回に菊池涼のソロで加点した。アドゥワは7回3失点で踏ん張り3勝目。DeNAは連勝が3でストップ。上茶谷は五回途中6失点で連勝が6で止まった。

【オリックス5-0日本ハム】オリックスは四回に西野の犠飛と安達の1号3ランで4点を奪い、九回に後藤の三塁打と失策で1点を加えた。田嶋は6回4安打無失点の好投で3勝目。日本ハムは打線が好機を生かせず、斎藤は二回から3回4失点で2敗目を喫した。

日本ハム戦に先発したオリックス・田嶋(6日、札幌ドーム)=共同

日本ハム戦に先発したオリックス・田嶋(6日、札幌ドーム)=共同

【中日6-0巨人】中日は福田が4安打4打点の活躍。二回に先制の10号ソロ、四回に適時二塁打、六回にソロ、八回も適時打を放った。大野雄が7回無失点で7勝目。巨人は昨年7月以来の6連敗。七回まで毎回の走者を出しながら3併殺の拙攻だった。

6回中日2死、福田が中越えにこの試合2本目の本塁打を放つ(6日、ナゴヤドーム)=共同

6回中日2死、福田が中越えにこの試合2本目の本塁打を放つ(6日、ナゴヤドーム)=共同

【楽天10-0西武】楽天が先発全員の15安打で3位に浮上した。一回に浅村の適時二塁打と銀次の2ランで3点を先制し、二回に1点、四回に島内の2点二塁打などで3点を奪い差を広げた。弓削は7回無失点で2勝目。西武は投打に精彩を欠き4位転落。

4回楽天1死一、二塁、島内が右翼線に2点二塁打を放つ(6日、メットライフドーム)=共同

4回楽天1死一、二塁、島内が右翼線に2点二塁打を放つ(6日、メットライフドーム)=共同

【ヤクルト4-3阪神】ヤクルトが阪神戦の連敗(1分け挟む)を6で止めた。1-2の六回に中村が逆転2ランを放ち、失策に乗じて加点。ブキャナンは6回2失点で5月6日以来の2勝目。ガルシアが痛打された阪神は九回に追い上げたが、届かなかった。〔共同〕

阪神戦に先発したヤクルトのブキャナン(6日、神宮)=共同

阪神戦に先発したヤクルトのブキャナン(6日、神宮)=共同

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトは17日、寺原隼人投手(35)と三輪正義内野手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。寺原は「一年でも長く野球をやりたいと思っていた私にチャンスをくれたスワローズには感謝しかない」と球 …続き (12:42)

6回ロッテ無死満塁、田村が中前に勝ち越しの2点打を放つ(メットライフドーム)=共同

 ロッテ・田村には2割台半ばの打率には表れない勝負強さがある。六回、清田の同点打が飛び出したあとの無死満塁。チェンジアップに「泳がされた」といいつつ、うまくバットに乗せて中前への勝ち越し2点打とした。
…続き (16日 22:05)

8回ヤクルト無死、村上が左越えにこの試合2本目の本塁打を放つ(16日、マツダ)=共同

【ヤクルト6―4広島】ヤクルトが4本塁打を含む12安打で勝った。1―1の三回に山田哲が勝ち越し二塁打を放ち、四回に一発を打った村上が5―3の八回は35号ソロ。高橋は要所で変化球を決め、七回途中3失点で4勝目。広島は大瀬良がヤクルト戦初黒星。 …続き (16日 18:22更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。