2019年6月26日(水)

プロ野球

16日のプロ野球 結果と戦評

2019/5/16 20:58 (2019/5/16 21:30更新)
保存
共有
印刷
その他

【ロッテ9-2オリックス】ロッテが快勝した。2-2の六回、3失策が絡み、清田の中前適時打など3本の適時打で4点を奪った。種市が先発して6回5安打2失点で3連勝を飾った。オリックスは山本が好投を続けていたが、拙守から崩れて逆転を許した。

オリックス戦に先発したロッテ種市(16日、ZOZOマリン)=共同

オリックス戦に先発したロッテ種市(16日、ZOZOマリン)=共同

【日本ハム2-0楽天】日本ハムが無失点リレーで競り勝った。七回に平沼の二塁打で1点を先制。八回には近藤の適時打で加点した。加藤が5回無失点。その後は堀、公文、宮西、秋吉とつないで得点を許さなかった。楽天はわずか2安打に抑え込まれた。

【中日3-2DeNA】中日が逃げ切った。1-1の七回に福田の左前打で勝ち越し、八回は平田のソロで加点した。ロメロは7回1失点で3勝目、鈴木博は12セーブ目。DeNAは5安打で、九回の好機も1点止まり。7回2失点の大貫が2敗目となった。

7回中日1死三塁、福田が左前に勝ち越し打を放つ(16日、横浜)=共同

7回中日1死三塁、福田が左前に勝ち越し打を放つ(16日、横浜)=共同

【ソフトバンク5-1西武】ソフトバンクが連敗を3で止めた。四回にグラシアルのソロで先制し、1-1の七回は甲斐の4号ソロで勝ち越し。八回に3得点で突き放した。高橋礼は8回1失点でリーグトップに並ぶ5勝目。西武は連勝が3で止まった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 プロ野球の日本生命セ・パ交流戦は25日、最後の1試合が行われ、広島が楽天に2―0で勝ち、全日程が終了した。既に10年連続で、2005年の導入から15年目で14度目の勝ち越しを決めていたパ・リーグが通 …続き (25日 22:41)

プロ初完封で3勝目を挙げた広島・九里(25日、楽天生命パーク)=共同

 【広島2―0楽天】広島が連敗を3で止めた。一回に菊池涼のソロで先制し、五回に内野ゴロの間に1点を加えた。九里が打たせて取る投球が光り、散発3安打、無四球でプロ初完封を飾り3勝目を挙げた。楽天は貧打が …続き (25日 20:44)

ヤクルトに勝利し、タッチを交わすオリックスナイン(24日、神宮)=共同

 プロ野球の日本生命セ・パ交流戦は24日、1試合が行われ、オリックスがヤクルトに6―2で勝ち、交流戦2位が確定した。
 楽天生命パーク宮城で予定されていた楽天―広島は雨天中止となった。セ、パ両リーグは今 …続き (24日 22:04)

ハイライト・スポーツ

[PR]