/

6日のプロ野球 結果と戦評

【阪神6-2巨人】七回裏終了降雨コールドゲーム。阪神が今季2度目の3連勝とした。二回に梅野の適時打と木浪の犠飛で2点を先制。三回は大山の適時打などで4点加えた。西勇が7回2失点で今季初白星。巨人はサンチェスが三回途中6失点と崩れた。

巨人に降雨コールドゲームで勝利し、ファンにあいさつする阪神ナイン。中央は西勇(6日、甲子園)=共同

【広島2-0ヤクルト】広島の森下が緩急を使って6安打2四球で今季初完封を飾り、2勝目を挙げた。打線は六回に西川の3号ソロで先制し、七回は堂林の中前適時打で加点した。ヤクルトは6回1失点と好投したスアレスを援護できなかった。

【DeNA7-3中日】DeNAは三回に桑原の適時打で先制し、六回は神里が満塁本塁打を放った。九回も牧の2号ソロなどで加点した。大貫は5回2/3を3失点で今季初勝利。中日は大野雄が6回8安打5失点と打ち込まれ、3連敗となった。

ヒーローインタビュー後、ファンに手を振るDeNA・神里(6日、バンテリンドーム)=共同

【ソフトバンク7-0日本ハム】ソフトバンクが連敗を5で止め、勝率5割に戻した。一回に柳田の適時打と栗原の2号2ランで3点を先制。その後も小刻みに加点した。今季初登板の千賀は六回途中、足の負傷で降板したが無失点で白星。日本ハムは5連敗となった。

【楽天13-2西武】楽天が大勝した。1-1の三回に茂木が勝ち越しソロを放つと、五回は島内が2ラン。六回は下妻や辰己の連続適時打などで一挙に7得点して突き放した。岸は6回2失点で2勝目。西武は投手陣が崩れて連勝が5で止まった。

5回楽天1死二塁、島内が右越えに2ランを放つ(6日、メットライフドーム)=共同

【ロッテ3-3オリックス】オリックスが引き分けに持ち込んだ。1-3の四回に紅林が中前適時打を放ち、六回に頓宮の2号ソロで追い付いた。田嶋は7回を投げ、失点をマーティンの3ランだけでしのいだ。ロッテは小島が要所で粘れなかった。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン