/

25日のプロ野球 結果と戦評

(更新)

【中日5-1ヤクルト】中日が7カード連続の勝ち越しを決めた。二回に木下拓の3点二塁打で先制。七回はビシエドのソロで加点した。柳は丁寧にコースを突き、七回途中まで無失点で5勝目。ヤクルトは一回の満塁機を逃し、流れを呼び込めなかった。

ヤクルト戦に先発した中日・柳(25日、神宮)=共同

【ソフトバンク7-2西武】ソフトバンクが快勝。一回に柳田の適時打などで2点を先制し、二回に周東の適時打やグラシアルの2点二塁打などで4点、五回は松田宣のソロで加点した。大竹が5回1失点で2勝目。西武は先発の松本が6失点と崩れた。

【阪神4-2巨人】阪神は一回に大山の適時打で先制し、二回に近本の適時打、五回に陽川の2ランで加点した。秋山は無四球の6安打2失点と好投し、今季2度目の完投で9勝目を挙げた。巨人は九回に丸の24号2ランで反撃したが、及ばなかった。

2失点完投で9勝目を挙げた阪神・秋山(25日、東京ドーム)=共同

【ロッテ10-1オリックス】ロッテが14安打10得点で大勝し、連敗を6で止めた。一回に菅野の適時打で先制。三回は中村奨の2点打などで4点を加え、五、八回も好機を生かした。岩下は5回無失点で自己最多の6勝目。オリックスは零敗を免れるにとどまった。

【楽天13-4日本ハム】楽天が大勝した。二回に辰己と小深田の適時打で3点を先制。三回にはロメロの2点三塁打などで3点を加え、七回には8長短打で7点を奪った。滝中が7回1安打無失点で2勝目。日本ハムは2年連続で楽天戦に負け越した。

 日本ハムに大勝し、笑顔でポーズをとる楽天のロメロ(左)と滝中(25日、楽天生命パーク)=共同

【DeNA3-0広島】DeNAが6投手による無失点リレーで競り勝った。武藤が序盤3回を踏ん張り、新人の伊勢が2勝目。一回に宮崎の右前打で先制し、八回はソトが一発で大和が適時打。広島は中村祐が6回1失点と好投しても打線がつながりを欠いた。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン