プロ野球

25日のプロ野球 結果と戦評

2019/7/25 21:34 (2019/7/25 21:47更新)
保存
共有
印刷
その他

【ロッテ7-4ソフトバンク】ロッテは0-1の四回、中村奨、レアード、井上のソロで逆転。六回には井上が2打席連続となる18号2ランを放った。六回途中2失点のボルシンガーが3勝目。ソフトバンクは二回に長谷川勇のソロで先制したが、大竹が乱調だった。

ソフトバンク戦に先発し、6回途中2失点で3勝目を挙げたロッテのボルシンガー(25日、ヤフオクドーム)=共同

ソフトバンク戦に先発し、6回途中2失点で3勝目を挙げたロッテのボルシンガー(25日、ヤフオクドーム)=共同

【ヤクルト8-1巨人】ヤクルトは二回、青木の適時打とバレンティンの2点適時打などで5点を先取した。五回にバレンティンの4試合連発となるソロで加点。山田大が5回1失点で3勝目を挙げた。巨人はヤングマンが4者連続四球を与えるなど自滅した。

【広島11-4中日】広島は3本塁打を打って6連勝とし、勝率5割とした。二回に三好の2ランなどで3点を先制。五回も菊池涼のソロと鈴木の2ランで3点、七回も5点を加えた。野村は6回3失点で4勝目。中日は大量失点で今季初の6連敗となった。

5回広島1死、菊池涼が左越えに本塁打を放つ(25日、マツダ)=共同

5回広島1死、菊池涼が左越えに本塁打を放つ(25日、マツダ)=共同

【西武5-1楽天】西武が楽天を抜いて再び3位に浮上した。四回に中村のソロなどで2点を先制。五回に中村の犠飛、メヒアの適時二塁打で加点した。松本航は6回1失点で5勝目。楽天は3安打に抑え込まれ、浅村の一発で1点を返すのが精いっぱい。

【DeNA6-0阪神】DeNAが今季初の5連勝(1分け挟む)。制球が良かった今永は散発の単打4本に抑え、今季2度目の完封で9勝目を飾った。三回にロペスが先制打を放ち、六回は失策に乗じて加点。九回にダメ押しした。阪神は今季10度目の零敗。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が22日、東京都内で開かれ、出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化させる現役ドラフト制度の導入へ向け議論した。今季からの実施を目指す方向性では一致 …続き (22日 21:33)

 ロッテのドラフト1位新人の佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)がキャンプを1軍でスタートすることが22日、決まった。東京都内でのコーチ会議終了後に井口資仁監督が「吉井投手コーチの下、投球フォームを固めて …続き (22日 20:29)

プロ野球の12球団監督会議を終え、記者会見する巨人の原辰徳監督(22日、東京都内のホテル)=共同

 プロ野球の12球団監督会議が22日、東京都内で開かれ、座長を務めた巨人の原辰徳監督がパ・リーグに対して劣勢が続くセ・リーグ各球団の監督に奮起を呼びかける一幕があった。
 原監督は会議後の記者会見に出席 …続き (22日 18:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]