プロ野球

15日のプロ野球 結果と戦評

2019/9/15 17:21 (2019/9/15 21:57更新)
保存
共有
印刷
その他

【ヤクルト8-7広島】ヤクルトは田川が7年目でプロ初勝利。球威で押し、六回途中を1点に抑えた。二回に雄平の2点本塁打で先制し、四回に2ランの広岡が五回は3ラン。塹江らが粘れなかった広島は終盤の猛反撃も及ばなかった。

【DeNA6-2中日】DeNAが13安打で快勝し、今季の中日戦を勝ち越した。四回に宮崎のソロ本塁打で同点とし、五回はロペスが勝ち越し2ラン。六回も柴田と佐野の適時二塁打で加点した。5回2失点のバリオスが今季初勝利。中日は精彩を欠いた。

4回DeNA無死、宮崎が左越えに本塁打を放つ(15日、ナゴヤドーム)=共同

4回DeNA無死、宮崎が左越えに本塁打を放つ(15日、ナゴヤドーム)=共同

【西武6-5ロッテ】西武が2試合連続のサヨナラで3連勝し首位に浮上した。5-5の延長十一回2死無走者から木村の飛球が左翼手の失策を誘い、一気に生還した。十一回を抑えた平良が2勝目。ロッテは終盤に逆転され、3連敗で勝率5割に転落した。

サヨナラ勝ちとなる左飛を放った木村(中央)を祝福する西武ナイン(15日、メットライフドーム)=共同

サヨナラ勝ちとなる左飛を放った木村(中央)を祝福する西武ナイン(15日、メットライフドーム)=共同

【巨人6-5阪神】巨人が競り合いを制した。3-5の七回に石川のソロ本塁打で迫ると、八回にはゲレーロが20号2ランを放って逆転した。八回を三者凡退に抑えたマシソンが2勝目を挙げた。阪神は救援陣がつかまり、逃げ切れなかった。

阪神に逆転勝利、タッチを交わす巨人ナイン(15日、東京ドーム)=共同

阪神に逆転勝利、タッチを交わす巨人ナイン(15日、東京ドーム)=共同

【日本ハム7-5ソフトバンク】日本ハムが逆転勝ち。1-4の六回に大田、中田の適時打で1点差に迫り、八回は中田の同点打、清宮の2点適時打、清水の適時打と打者一巡で4点を奪った。堀が4勝目。ソフトバンクは5番手の甲斐野が誤算で、2位に転落した。

8回日本ハム1死満塁、清宮が右前に2点打を放つ(15日、札幌ドーム)=共同

8回日本ハム1死満塁、清宮が右前に2点打を放つ(15日、札幌ドーム)=共同

【オリックス7-1楽天】オリックスは山本が8月3日以来の7勝目。ピンチで粘って7回を1点に抑えた。2点を先取した一回に適時打の中川が、2-1の六回はソロ本塁打。八回はロメロの3点二塁打などで突き放した。楽天は投打で振るわず、3連敗。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 西武は13日、辻発彦監督(60)が就任4年目となる来季も続投すると発表した。昨オフに2年契約を結んでおり、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで敗退が決まった試合後に居郷肇球団社長から正 …続き (1:21)

六回ソフトバンク1死二塁、今宮が左越えに2ランを放つ=共同

 2併殺、13残塁の非効率な攻めでも結果は大勝。ソフトバンクの強さは際立っていた。
 先行しては追い上げられ、5―3で迎えた七回。代打長谷川勇と今宮の適時打でリードを4点に広げた。その裏、1番秋山から始 …続き (13日 23:51)

六回巨人2死三塁、丸が投前に勝ち越しのバント安打を決める=共同

 勝負師の勘がさえ渡った巨人の決勝点だった。1―1の六回2死三塁で、打席には丸。好投を続ける西との真っ向勝負を誰もが固唾をのんで見守った初球、3番打者は三塁線へのセーフティーバントを敢行した。意表を突 …続き (13日 23:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]