プロ野球

5日のプロ野球 結果と戦評

2020/8/5 22:06
保存
共有
印刷
その他

【西武7-2日本ハム】西武が逆転で連敗を3で止めて4位に浮上した。0-1の六回にスパンジェンバーグの6号2ランと山川の13号2ランなどで5点を奪った。3番手の平井が4勝目を挙げた。日本ハムは再三好機をつくりながら打線がつながらなかった。

【ロッテ12-1オリックス】ロッテが大勝で勝率5割を超えた。四回に安田の2点二塁打と菅野の2号2ランで4点を先制。五回には5長短打に3四球を絡めて7点を奪った。小島が6回1失点で3勝目。オリックスはロッテに今季1分けを挟んで7連敗となった。

【楽天6-0ソフトバンク】楽天が同率首位に浮上。涌井が今季初完投を1安打完封で飾り、自身初の開幕から6連勝を挙げた。打線は五回に小深田の先制適時打などで3点を奪い、六回は浅村の2点二塁打で加点した。ソフトバンクは投打に完敗した。

1安打完封で開幕6連勝を挙げ、太田(右)からウイニングボールを受け取る楽天・涌井(5日、楽天生命パーク)=共同

1安打完封で開幕6連勝を挙げ、太田(右)からウイニングボールを受け取る楽天・涌井(5日、楽天生命パーク)=共同

【広島4-1ヤクルト】広島が快勝して今季初の3連勝を飾った。1-1の五回に長野の適時二塁打で1点を勝ち越すと七回に堂林のソロ、九回には会沢のソロで加点した。野村が7回3安打1失点で2勝目を挙げた。ヤクルトは4連敗で3位に後退した。

7回1失点で2勝目を挙げた広島・野村(5日、神宮)=共同

7回1失点で2勝目を挙げた広島・野村(5日、神宮)=共同

【DeNA8-2中日】DeNAが14安打で圧倒した。一回にロペスの2点打で先制した。佐野が3打点と活躍して三、四回に適時打を、八回にソロ本塁打を放った。浜口は5回1失点で3勝目。中日は3安打と打線が振るわず、投手陣も5人全員が失点した。

【巨人4-1阪神】巨人が今季最多の貯金12。三回に若林の適時打で先制し、六回は岡本の2点二塁打と大城の適時打で3点を加えた。戸郷は7回0/3で10三振を奪い、4安打1点に抑えて4勝目。藤浪が今季最長8回を投げた阪神は大山らが逸機を重ねた。〔共同〕

4勝目を挙げ笑顔の巨人・戸郷(5日、甲子園)=共同

4勝目を挙げ笑顔の巨人・戸郷(5日、甲子園)=共同

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

7回無失点で8勝目を挙げた巨人・戸郷=共同

 8月27日以降白星から遠ざかり、気負いが空回りしてもおかしくないマウンドで、2年目の20歳とは思えない巨人・戸郷の冷静さが光った。序盤こそ球が上ずったが、きっちり修正。「今月は勝ちがなくチームに迷惑 …続き (27日 19:45)

7回無失点で8勝目を挙げた巨人・戸郷(27日、東京ドーム)=共同

巨人は戸郷が7回無失点で8月27日以来の8勝目。打線は一回に松原の先制三塁打、坂本の内野ゴロで2点を先制。五回は岡本が、七回は丸が適時打を放つなど中軸が機能した。 …続き (27日 22:43更新)

3回ソフトバンク2死満塁、周東が中前に2点打を放つ=共同


 汚名返上の一打を中前に運んだ。二回2死二、三塁でソフトバンク周東が放った2点打。139キロの高め直球を捉えた会心の一打を振り返り、プロ3年目の24歳は「待っている球をしっかり初球から打ち返せた。僕に …続き (26日 22:44)

ハイライト・スポーツ

[PR]