プロ野球

14日のプロ野球 結果と戦評

2019/9/14 18:36 (2019/9/14 21:14更新)
保存
共有
印刷
その他

【DeNA7-4ヤクルト】DeNAは二回に筒香の29号ソロで先制し、2-1の六回に代打佐野の適時打、ソトの2点打などで5点を加え、差を広げた。上茶谷は5回を1失点で粘り7勝目。ヤクルトは石川が六回途中5失点と崩れ、DeNAに4連敗となった。

【広島6-5巨人】広島が競り勝った。5-5の延長十回に先頭打者の野間が二塁打で出塁。バントで1死三塁として捕逸で1点を勝ち越した。今村が十回に登板して今季初セーブ。巨人は九回に丸の適時打で追い付いたが、あと一本が出なかった。

巨人に勝利し、タッチを交わす広島ナイン(14日、東京ドーム)=共同

巨人に勝利し、タッチを交わす広島ナイン(14日、東京ドーム)=共同

【ソフトバンク3-1日本ハム】ソフトバンクは三回に暴投に乗じて先制。1-1の五回にグラシアルの適時打で勝ち越し。六回は松田宣の29号ソロで突き放した。2番手の嘉弥真が今季初勝利を挙げ、森が32セーブ目。日本ハムは有原が6回3失点で8敗目を喫した。

【オリックス3-2楽天】オリックスが1分けを挟んだ連敗を9で止めた。宗が四回に右前に運んで1点を先制し、五回にも左前打で2点を加えた。山岡は八回途中までで2失点で11勝目。九回を抑えたディクソンが16セーブ目。楽天は勝率が5割を切った。

【中日3-0阪神】中日は大野雄がノーヒットノーランで9勝目を飾った。内外角に速球を決め、許した走者は六回の遊ゴロ失策と七回の四球。二回に暴投で先制した打線は三回は福田が犠飛、五回はビシエドが適時二塁打。阪神は望月が制球難から自滅。

阪神戦でプロ野球史上81人目となるノーヒットノーランを達成し、大喜びする中日・大野雄大投手(14日、ナゴヤドーム)=共同

阪神戦でプロ野球史上81人目となるノーヒットノーランを達成し、大喜びする中日・大野雄大投手(14日、ナゴヤドーム)=共同

【西武4-3ロッテ】西武がサヨナラ勝ちし、ロッテに7連勝した。3-3の延長十回1死一塁からメヒアの中堅への適時二塁打で勝負を決めた。十回を抑えた国場が4年目でプロ初勝利。ロッテは九回に2点差を追い付いた粘りが実らなかった。〔共同〕

辻監督(左)と握手を交わすプロ初勝利を挙げた西武・国場(14日、メットライフドーム)=共同

辻監督(左)と握手を交わすプロ初勝利を挙げた西武・国場(14日、メットライフドーム)=共同

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

4回ソフトバンク2死満塁、デスパイネに2点適時打を浴び、降板する巨人の戸郷(右)

 ベテラン亀井が豪快なソロ2発で奮闘しても、巨人に勝利は遠かった。若い投手陣の経験のなさが大舞台でまともに出て3連敗。早くも崖っぷちに追い込まれた。
ソフトバンク3連勝、日本一に王手
 2―2の四回、 …続き (22日 23:16)

四回ソフトバンク1死満塁、勝ち越し犠飛を放つ代打長谷川勇

 三回、フルカウントからソフトバンク・川島の打球はわずかに左翼ポールの外側にそれた。今季の本塁打は1本。めったにない大飛球に気をよくして欲が出てもおかしくなかったが、直後の低めの直球を悠然と見逃した。 …続き (22日 23:13)

三回ソフトバンク2死一、二塁、勝ち越しの適時打を放つデスパイネ

 SMBC日本シリーズ2019は22日、東京ドームに舞台を移して第3戦が行われ、3年連続日本一を目指すソフトバンク(パ・リーグ2位)が6―2で7年ぶりの頂点を狙う巨人(セ・リーグ優勝)を下して3連勝を …続き (22日 22:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]