/

4日のプロ野球 結果と戦評

【ソフトバンク6-4楽天】ソフトバンクは0-1の二回に中村晃のソロ、今宮の適時三塁打に失策が絡んで3点、三回は甲斐の適時打と犠飛で2点を加えた。3番手の津森が今季初勝利、モイネロが2セーブ目を挙げた。楽天の岸は3回5失点で3連敗となった。

6回に登板し、今季初勝利を挙げたソフトバンク・津森(4日、ペイペイドーム)=共同

【西武6-6オリックス】オリックスは一回に吉田正の適時二塁打などで先制しながら逆転を許したが、八回に代打ロメロの1号2ランで追い付いた。西武は2点を追う五回に愛斗の2点二塁打などで3点を挙げてリードを奪ったが逃げ切れなかった。

【阪神11-5ヤクルト】阪神が4連勝で、貯金を今季最多13とした。六回に代打陽川の2点二塁打で追い付き、七回にマルテが勝ち越しソロ。八回は中野がプロ1号の2ランを放ち、九回は佐藤輝の9号ソロなどで計4点を加えた。ヤクルトは阪神戦6戦全敗。

7回阪神1死、マルテが左越えに勝ち越しソロを放つ(4日、神宮)=共同

【中日8-4DeNA】中日が快勝した。一回に高橋周の2点二塁打と阿部の2点適時打で4点を奪い、三回は1死満塁から根尾のプロ初本塁打で突き放した。大野雄は7回4失点で2勝目。DeNAは大貫が8失点と打ち込まれ、連勝が3で止まった。

3回、満塁本塁打を放ち、ナインに迎えられる中日・根尾(4日、バンテリンドーム)=共同

【広島1-1巨人】両チームとも決め手を欠き、九回で引き分けた。巨人は高橋が7回1失点と好投したが、打線が11残塁と四回の炭谷の適時打による1点に終わった。広島は床田が7回を投げて8安打と3四球を許しながらも1失点と粘った。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン