プロ野球

14日のプロ野球 結果と戦評

2020/8/14 17:15 (2020/8/14 22:24更新)
保存
共有
印刷
その他

【西武13-8楽天】西武が今季最多の13得点で連敗を7で止めた。6-7の五回に金子や高木の適時打など6連続を含む7長短打で一気に6点を奪った。四回から継投に入り2番手の今井が3勝目。楽天は則本昂が誤算。連勝が3で止まり2位に後退した。

5回西武1死一、三塁、高木が右前に適時打を放つ(メットライフドーム)=共同

5回西武1死一、三塁、高木が右前に適時打を放つ(メットライフドーム)=共同

【ロッテ12-5日本ハム】ロッテが序盤に2度の打者一巡の猛攻を見せて快勝した。一回にマーティンの適時打などで5点を先制。三回には田村の3ランと安田の3点二塁打など6点を奪った。石川が6回5失点で3勝目。日本ハムは勝率5割に落ち込んだ。

【DeNA6-2ヤクルト】DeNAは一回に佐野の適時打で先制し、二回に神里の適時二塁打で加点した。2-1の七回に戸柱の2点適時打などで4点を奪いリードを広げた。大貫は六回途中3安打1失点で5連勝。ヤクルトは今季ワーストの5連敗を喫した。

【広島6-0阪神】広島の森下が12球団のルーキー完封一番乗りで4勝目を飾った。速球は走り、変化球も切れ、2安打に抑えて先発全員から12奪三振。無四球で二塁を踏ませず、打っては六回に2点二塁打。阪神は藤浪が4連敗で打線も工夫がなかった。

2安打完封で4勝目を挙げた広島・森下(京セラドーム)=共同

2安打完封で4勝目を挙げた広島・森下(京セラドーム)=共同

【巨人6-1中日】巨人が3連勝とした。一回にウィーラーの遊ゴロの間に先制し、三回もウィーラーが2ラン。六回も中島の3ランで突き放した。戸郷は5回2/3を無失点で5勝目。松葉が崩れた中日は打線も好機を生かせず、八回の1点に終わった。

【ソフトバンク4-1オリックス】ソフトバンクが今季2度目の5連勝。1-1の八回、2死一、二塁から柳田が決勝の15号3ランを放った。八回を3人で抑えた5番手の嘉弥真が2勝目を挙げ、森は13セーブ。オリックスは好投の山崎福を援護できず、7連敗を喫した。〔共同〕

データ提供:共同通信デジタル

データ提供:共同通信デジタル

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

八回に登板し、球速160キロをマークした藤浪=共同


 阪神・矢野監督が敢行したこの人事異動は、思わぬヒットかもしれない。藤浪が9月25日に1軍に再昇格して以降、セットアッパーに持ち場をかえて輝きを放っている。
 2点リードの八回に登板すると、自慢の剛速球 …続き (22:48)

4回日本ハム1死、清宮が右越えに同点ソロを放つ(1日、札幌ドーム)=共同

【日本ハム3―2ロッテ】日本ハムが連敗を3で止めた。0―1の四回に清宮の6号ソロで追い付き、五回に中田の適時打で勝ち越した。七回は宇佐見の3号ソロで加点した。杉浦は6回1失点で6勝目。ロッテは終盤に追 …続き (22:15)

 アスリート用サプリメントを手がけるDNSは1日、昨年巨人の選手らに提供した商品から禁止物質が検出された問題について、原料由来の成分だったことが判明したとする調査結果を発表した。
 同社は昨年9月、鉄分 …続き (15:44)

ハイライト・スポーツ

[PR]