プロ野球

24日のプロ野球 結果と戦評

2020/6/24 22:12
保存
共有
印刷
その他

【ソフトバンク9-6西武】ソフトバンクが連敗を3で止めた。4-6の六回に今宮の3ランで逆転し、八回に上林の適時打、九回に甲斐のソロで加点。3番手で1回1/3を無失点の津森がプロ初勝利、森が今季初セーブを挙げた。西武は今井が踏ん張れなかった。

5回から3番手で登板し、プロ初勝利のソフトバンク・津森(24日、メットライフドーム)=共同

5回から3番手で登板し、プロ初勝利のソフトバンク・津森(24日、メットライフドーム)=共同

【DeNA3-2中日】DeNAが競り勝ち、3連勝とした。0-2の二回は伊藤光の適時打と井納の投ゴロで同点。五回は梶谷の1号ソロで勝ち越した。井納は5回2失点で初勝利。救援陣も粘り、山崎は2セーブ目となった。中日は逸機続きで11残塁。

【ヤクルト6-1阪神】ヤクルトが快勝し、連敗を止めた。山崎は3点を先制した一回に適時打。五回にも左前へ適時打を放ち、3安打2打点の活躍。スアレスは球威のある速球で押し、6回1失点で今季初勝利。4安打に終わった阪神は序盤の逸機が響いた。

阪神戦に先発したヤクルトのスアレス(24日、神宮)=共同

阪神戦に先発したヤクルトのスアレス(24日、神宮)=共同

【広島5-1巨人】広島が一発攻勢で快勝した。一回に鈴木誠の3号2ランで先制し、二回に田中広の1号2ラン、五回に菊池涼の1号ソロで加点。九里は7回2安打1失点で勝利。巨人はメルセデスが3回4失点と崩れ、開幕からの連勝が4で止まった。

【楽天5-2日本ハム】楽天は0-2の五回に鈴木大の適時打で1点を返し、続く浅村の2号3ランで逆転した。涌井が制球良く7回2失点で移籍後初登板を白星で飾った。森原は4年目でプロ初セーブ。日本ハムは新人河野が初登板で5回4失点だった。

5回楽天2死一、三塁、浅村が右越えに逆転3ランを放つ(24日、楽天生命パーク)=共同

5回楽天2死一、三塁、浅村が右越えに逆転3ランを放つ(24日、楽天生命パーク)=共同

【ロッテ6-4オリックス】ロッテが4連勝を飾った。3-4の三回に井上の犠飛と失策で2点を挙げ逆転し、六回に藤岡の適時二塁打で加点した。小島は5回4失点で勝利。救援陣が得点を許さず益田は2セーブ目。オリックスはK―鈴木が3回5失点と崩れた。

〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

2回ロッテ2死二、三塁、福田秀が中前に2点打を放つ(ZOZOマリン)=共同

 チームの安打数はリーグ最少のロッテだが、その代わり、1本1本の安打を生かす集中力は高い。二回、角中の左前打に井上が右前打で続き、敵失がらみの内野ゴロで同点。犠打のあと、荻野は三振に倒れたが、今季のロ …続き (25日 23:19)

4回オリックス1死、モヤが右越えに満塁本塁打を放つ(25日、京セラドーム)=共同

【オリックス9―2日本ハム】オリックスが1分けを挟み3連勝。二回に福田の適時打と安達の犠飛で2点を先制。四回にモヤが満塁本塁打、七回は伏見がソロを放つなど、着実に加点した。山岡は七回途中まで2失点で2 …続き (25日 22:18)

 プロ野球阪神は25日、糸原健斗(27)、陽川尚将(29)両内野手と岩貞祐太(29)、馬場皐輔(25)両投手、1軍チームスタッフ2人の計6人の新型コロナウイルス感染が新たに確認されたと発表した。2軍の …続き (25日 19:20)

ハイライト・スポーツ

[PR]