プロ野球

23日のプロ野球 結果と戦評

2020/9/23 21:19 (2020/9/23 22:42更新)
保存
共有
印刷
その他

【オリックス10-5ソフトバンク】オリックスは一回、モヤと太田の連続適時打で2点を先制。二回に伏見が2ラン、四回にはモヤが2ランを放つなど、着実に加点した。田嶋は5回2失点で3勝目。ソフトバンクは今季初の4連敗。先発の武田が3回6失点と崩れた。

4回オリックス無死一塁、モヤが右越え2ランを放つ(23日、ペイペイドーム)=共同

4回オリックス無死一塁、モヤが右越え2ランを放つ(23日、ペイペイドーム)=共同

【楽天5-3ロッテ】楽天が今季初の4連勝を飾った。3-3の七回に浅村の2試合連続となる28号2ランで勝ち越した。涌井が7回3失点で8月19日以来となるリーグトップの9勝目を挙げた。ロッテは唐川が今季18試合目で初めて失点して今季初黒星。

7回、勝ち越し2ランを放ち、ナインに迎えられる楽天・浅村(23日、楽天生命パーク)=共同

7回、勝ち越し2ランを放ち、ナインに迎えられる楽天・浅村(23日、楽天生命パーク)=共同

【西武6-5日本ハム】西武は0-3の四回に木村の3ランと柘植の適時打で4点を奪い逆転し、五回に木村の適時打などで2点を加えた。浜屋は六回途中4失点で2勝目。継投でしのぎ増田が21セーブ目。日本ハムはバーヘイゲンが五回途中6失点と崩れた。

【中日11-5ヤクルト】中日が今季最長の5連勝とした。三回に高橋の2点打で追い付き、木下拓の遊ゴロの間に勝ち越した。五回は平田、木下拓の連続二塁打で2点。八回はビシエドが満塁本塁打を放った。ヤクルトは山田哲、村上の2ランも実らず3連敗。

【巨人7-3広島】巨人が4連勝。二回に大城、若林の連続適時二塁打で2点を先制し、三回に坂本の16号ソロと大城の適時打で2点、四回にも2点を加えた。田口は九回途中5安打3失点で、自身3連勝で5勝目。広島は野村が3回4失点と崩れ4連敗。

2回巨人無死一、二塁、大城が右翼線に先制二塁打を放つ。捕手磯村(23日、東京ドーム)=共同

2回巨人無死一、二塁、大城が右翼線に先制二塁打を放つ。捕手磯村(23日、東京ドーム)=共同

【DeNA4-0阪神】DeNAの上茶谷が6安打に抑えて10三振を奪い、昨年6月以来の完封で2勝目。チームの連敗を3で止めて勝率5割復帰に導いた。六回に宮崎の三ゴロで先制点を挙げ、七回はソトが3点本塁打。阪神は青柳の粘りを生かせなかった。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

六回、甲斐が一前にスクイズを決める=共同


 3年ぶりのリーグ制覇へ、ソフトバンクの勢いが止まらない。4連勝で3位に浮上してきた西武をねじ伏せて、15年ぶりの12連勝で優勝マジックは4。この日、2安打4打点の柳田は「一人ひとりが自分の仕事に集中 …続き (23日 23:19)

 中日の与田剛監督(54)が、3年契約の3年目となる来季も続投する見通しとなったことが23日、明らかになった。監督は同日、神宮球場でのヤクルト戦後に「ご支援の気持ちをいただけているのはありがたいので、 …続き (23日 22:47)

 9回に登板し、今季初セーブを挙げた中日・祖父江=神宮

【楽天4―4日本ハム】日本ハムが追い付き、引き分けた。3―4の八回2死で大田の13号ソロが出た。五回途中から救援5投手が無失点でつないだ。楽天は3点差を盛り返して五回にロメロの適時打で勝ち越したが、八 …続き (23日 22:51更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]