/

23日のプロ野球 結果と戦評

(更新)

【西武11-3ソフトバンク】西武が11安打11得点で快勝。二回にスパンジェンバーグの満塁本塁打で4点を先制し、七回まで得点を加え続けた。高橋光は六回途中3失点で今季初勝利。ソフトバンクは来日初先発のムーアが打ち込まれ、投手陣が計11四球と乱れた。

ソフトバンク戦に先発し、6回途中3失点で今季初勝利の西武・高橋光(23日、メットライフドーム)=共同

【DeNA3-0中日】DeNAは五回にオースティンとロペスの適時打で2点を先制し、六回に宮崎のソロで加点した。浜口は8回1/3を無失点。山崎が今季初セーブ。中日は11安打で無得点。六回を除いて毎回の走者を生かせず、柳を援護できなかった。

中日戦に先発したDeNA・浜口(23日、横浜)=共同

【ロッテ6-5オリックス】ロッテがサヨナラ勝ちで3連勝を飾った。4-5の九回に井上の適時打で追い付き、さらに2四球で1死満塁から荻野の押し出し死球で勝負を決めた。九回を抑えた田中に勝利が付いた。オリックスは抑えのディクソンが乱調だった。

【楽天4-0日本ハム】楽天は二回に浅村とロメロのソロで2点を先制し、三回にブラッシュの適時打、四回に茂木の犠飛で加点。弓削が七回途中無失点で勝利し、シャギワ、ブセニッツ、森原とつなぎ無失点リレー。日本ハムは打線がつながらなかった。

2回、先制ソロを放ち、エアタッチで迎えられる楽天・浅村=左端(23日、楽天生命パーク)=共同

【阪神4-1ヤクルト】阪神が今季初勝利。連敗を3でストップした。一回に糸井の適時二塁打とマルテの1号2点本塁打で3点を先取し、六回は梅野が右前打で加点した。青柳がテンポ良く6回0/3を1安打、無得点に抑えて勝ち星。ヤクルトは反撃が遅かった。

【巨人3-2広島】巨人が競り勝ち3年ぶりの開幕4連勝を飾った。1-1の五回に北村の適時二塁打と岡本の押し出し四球で2点を勝ち越した。戸郷が七回途中4安打2失点で先発初勝利を挙げ、デラロサは2セーブ目。広島は打線がつながりを欠いた。

〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン