プロ野球

23日のプロ野球 結果と戦評

2019/9/23 16:26 (2019/9/23 21:32更新)
保存
共有
印刷
その他

【巨人9-5ヤクルト】巨人は4-5の八回に阿部と大城の2者連続ソロで逆転した。九回には増田大の適時二塁打と岡本の2点二塁打で3点を加えた。2番手の古川が3回を完璧に抑えて移籍後初勝利を挙げた。ヤクルトは五回以降は1安打に抑え込まれた。

5回から2番手で登板した巨人・古川。移籍後初勝利を挙げた(23日、神宮)=共同

5回から2番手で登板した巨人・古川。移籍後初勝利を挙げた(23日、神宮)=共同

【広島4-3中日】広島は球団新記録のシーズン12度目のサヨナラ勝ちで連敗を4でストップ。3-3の延長十回1死満塁から会沢が中前に運んで勝負を決めた。中日は九回にビシエドの2点本塁打で追い付いたが、連勝は4で止まり、5位に後退。

10回広島1死満塁、会沢が中前にサヨナラ打を放つ(23日、マツダ)=共同

10回広島1死満塁、会沢が中前にサヨナラ打を放つ(23日、マツダ)=共同

【ロッテ6-1日本ハム】ロッテが勝率を5割に戻した。一回に鈴木の適時二塁打、井上と清田の連続適時打で3点を先制。その後も二回に井上の適時打で1点を奪うなど小刻みに得点を重ねた。石川が7回1失点で8勝目。日本ハムは投打に精彩を欠いた。

引退試合で日本ハムに勝利し、ナインとタッチを交わすロッテ・福浦=右から2人目(23日、ZOZOマリン)=共同

引退試合で日本ハムに勝利し、ナインとタッチを交わすロッテ・福浦=右から2人目(23日、ZOZOマリン)=共同

【西武5-3楽天】西武が競り勝った。2-2に追い付かれた直後の八回2死満塁で代打メヒアの走者一掃の二塁打で勝ち越した。八回を平井が抑え、九回を増田が締めて7年目で初の30セーブ目を挙げた。楽天は終盤に追い上げたが及ばなかった。

8回西武2死満塁、代打メヒアが左中間に走者一掃の勝ち越し二塁打を放つ。捕手太田(23日、楽天生命パーク)=共同

8回西武2死満塁、代打メヒアが左中間に走者一掃の勝ち越し二塁打を放つ。捕手太田(23日、楽天生命パーク)=共同

【ソフトバンク8-0オリックス】ソフトバンクは一回に今宮の適時打、デスパイネの2ランで先行、6-0の七回はグラシアルのソロ、デスパイネの4打点目となる適時打で加点した。高橋礼が7回を2安打無失点で12勝目。オリックスは投打に精彩を欠き完敗した。〔共同〕

1回ソフトバンク2死一塁、デスパイネが右中間に2ランを放つ(23日、京セラドーム)=共同

1回ソフトバンク2死一塁、デスパイネが右中間に2ランを放つ(23日、京セラドーム)=共同

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

4回ソフトバンク2死満塁、デスパイネに2点適時打を浴び、降板する巨人の戸郷(右)

 ベテラン亀井が豪快なソロ2発で奮闘しても、巨人に勝利は遠かった。若い投手陣の経験のなさが大舞台でまともに出て3連敗。早くも崖っぷちに追い込まれた。
ソフトバンク3連勝、日本一に王手
 2―2の四回、 …続き (22日 23:16)

四回ソフトバンク1死満塁、勝ち越し犠飛を放つ代打長谷川勇

 三回、フルカウントからソフトバンク・川島の打球はわずかに左翼ポールの外側にそれた。今季の本塁打は1本。めったにない大飛球に気をよくして欲が出てもおかしくなかったが、直後の低めの直球を悠然と見逃した。 …続き (22日 23:13)

三回ソフトバンク2死一、二塁、勝ち越しの適時打を放つデスパイネ

 SMBC日本シリーズ2019は22日、東京ドームに舞台を移して第3戦が行われ、3年連続日本一を目指すソフトバンク(パ・リーグ2位)が6―2で7年ぶりの頂点を狙う巨人(セ・リーグ優勝)を下して3連勝を …続き (22日 22:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]