2019年5月21日(火)

プロ野球

23日のプロ野球 結果と戦評

2019/4/23 22:07 (2019/4/24 0:01更新)
保存
共有
印刷
その他

【ロッテ9-9西武】今季両リーグ最長の5時間21分で延長十二回の末、ともに今季初めて引き分けた。西武は5-8の八回に中村のソロと山川、森の適時打などで4点を奪い逆転。ロッテは八回に鈴木のソロで追い付き、延長戦では互いに決め手を欠いた。

【阪神8-3DeNA】阪神が連敗を3で止めた。一回に大山の適時打と福留の犠飛で2点先取し、五回は福留が3ラン。青柳はテンポ良くゴロを打たせて計4併殺打に仕留め、6回1/3を3失点で今季初勝利。上茶谷がKOされたDeNAは3年ぶりの6連敗。

DeNA戦に先発した阪神・青柳(23日、横浜)=共同

DeNA戦に先発した阪神・青柳(23日、横浜)=共同

【広島3-2中日】広島は今季2度目のサヨナラ勝ちで5連勝とした。2-2の九回2死満塁から小窪が右前打を放った。連打と四球でつくった好機を生かした。救援の中崎が今季初勝利。平田が2本塁打を放った中日はR・マルティネスが不調だった。

【楽天4-1日本ハム】楽天が3連勝。0-1の六回にブラッシュのソロで追い付き、九回にウィーラーの6号3ランで勝ち越した。八回を抑えたハーマンが3勝目。松井は8セーブ目。日本ハムは杉浦が5回を完璧に抑えたが、救援陣が踏ん張れなかった。

9回、勝ち越し3ランを放ち、ナインに迎えられる楽天・ウィーラー(23日、札幌ドーム)=共同

9回、勝ち越し3ランを放ち、ナインに迎えられる楽天・ウィーラー(23日、札幌ドーム)=共同

【巨人9-0ヤクルト】巨人が4連勝を飾った。山口は球威、制球とも抜群で8回を1安打無失点とし、無傷の4勝目。一回にビヤヌエバの犠飛で先制し、その後も亀井の適時二塁打、小林の2点打などで着実に加点した。ヤクルトは投打に精彩を欠いた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 巨人の菅野智之投手が21日、腰の違和感で出場選手登録を外れた。22日のDeNA戦で先発予定だったが、原辰徳監督は「重症ではないと聞いている。しかし、登板は難しいかなと。しっかり治して早く(復帰に)な …続き (17:54)

 【ニューヨーク=共同】プロ野球巨人の上原浩治投手の現役引退を受け、元同僚の松井秀喜氏は20日までに談話を寄せ「21年間、日米で素晴らしい実績を残してこられたことに心から拍手を送りたいと思います」とね …続き (10:21)

引退を表明する巨人の上原浩治投手(20日、東京都内のホテル)=共同

 日米通算21年で134勝を挙げたプロ野球巨人の上原浩治投手(44)が20日、東京都内のホテルで記者会見し「本日をもちまして21年間の現役生活を終えたいなと思います」と目を潤ませながら引退を表明した。
…続き (20日 18:42)

ハイライト・スポーツ

[PR]