プロ野球

13日のプロ野球 結果と戦評

2020/8/13 22:14
保存
共有
印刷
その他

【ロッテ8-6日本ハム】ロッテが逆転勝ちした。4-5の六回に菅野の適時二塁打で追い付き、七回に代打佐藤の2点適時打などで3点を勝ち越した。3番手のフローレスが来日初勝利。益田が14セーブ目。日本ハムは七回に2失策など守備にミスが重なった。

【楽天7-4西武】楽天が3連勝。1-1の三回に辰己のソロや浅村の適時打などで3点を勝ち越し、五回に茂木の適時打、七回に暴投とロメロの適時二塁打で2点を加点した。酒居が2勝目、牧田が5年ぶりのセーブを挙げた。西武は5年ぶりの7連敗。

西武に3連勝し、喜ぶ牧田(右端)ら楽天ナイン(13日、メットライフドーム)=共同

西武に3連勝し、喜ぶ牧田(右端)ら楽天ナイン(13日、メットライフドーム)=共同

【巨人4-3ヤクルト】巨人が今季初のサヨナラ勝ちを収めた。0-3の四回に丸、中島の連続ソロで追い上げ、五回に岡本の適時打で同点。九回に代打亀井の中前打で試合を決めた。中川が八回途中から好救援して今季初勝利。ヤクルトは4連敗を喫した。

9回巨人2死一、三塁、中前にサヨナラ打を放ち、一塁に向かう代打亀井。奥は投手マクガフ(13日、東京ドーム)=共同

9回巨人2死一、三塁、中前にサヨナラ打を放ち、一塁に向かう代打亀井。奥は投手マクガフ(13日、東京ドーム)=共同

【ソフトバンク3-1オリックス】ソフトバンクが4連勝。今季初登板の大竹が六回2死まで1失点で白星を得た。0-1の二回に今宮の5号ソロで追い付き、周東の適時三塁打で勝ち越し。五回は2死から3連打で加点した。好機を生かせなかったオリックスは6連敗。〔共同〕

オリックスに勝利しポーズをとるソフトバンクの大竹(左)と周東(13日、ペイペイドーム)=共同

オリックスに勝利しポーズをとるソフトバンクの大竹(左)と周東(13日、ペイペイドーム)=共同

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 アスリート用サプリメントを手がけるDNSは1日、昨年巨人の選手らに提供した商品から禁止物質が検出された問題について、原料由来の成分だったことが判明したとする調査結果を発表した。
 同社は昨年9月、鉄分 …続き (15:44)

 DeNA戦に先発したヤクルト・石川=共同

 「1つ勝つのはすごく難しいことなんだなと思った」。ヤクルトの40歳・石川の声に実感がこもった。6月19日の開幕戦のマウンドから実に3カ月以上。19年連続の白星は今季10度目の先発登板でようやくつかん …続き (30日 23:35)

西武戦に先発したオリックス・増井=共同

 オリックス・増井が日本ハム時代以来、4年ぶりに先発で白星を挙げた。6回を投げ、被安打は西武・栗山の2二塁打のみの無失点。五、六回と2死から招いた窮地を脱し、「どの球(が良かった)というのはないが、ピ …続き (30日 23:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]