プロ野球

3日のプロ野球 結果と戦評

2020/7/3 22:09
保存
共有
印刷
その他

【西武4-4オリックス】オリックスは0-1の六回にジョーンズの同点打とT―岡田の3ランで勝ち越した。その裏に西武は中村の2号ソロと源田の2点適時打で追い付いた。その後は両チームともに決め手に欠き、再三の好機を生かせなかった。

【DeNA5-4ヤクルト】DeNAが競り勝った。4-4に追い付かれた直後の四回1死一、三塁で佐野が右前打して勝ち越した。今永が6回5安打4失点と粘り2勝目を挙げ、山崎が4セーブ目。ヤクルトは石川が四回途中まで9安打5失点と誤算だった。

4回DeNA1死一、三塁、佐野が右前に勝ち越し打を放つ(3日、神宮)=共同

4回DeNA1死一、三塁、佐野が右前に勝ち越し打を放つ(3日、神宮)=共同

【ソフトバンク4-1日本ハム】ソフトバンクは0-1の六回に柳田の適時打で同点とし、バレンティンの2試合連続の5号2ランで勝ち越した。七回には栗原の犠飛で加点。東浜が5回1失点で昨年5月以来の白星。日本ハムは12残塁と好機を生かせなかった。

6回ソフトバンク1死一塁、バレンティンが左中間に勝ち越し2ランを放つ(3日、札幌ドーム)=共同

6回ソフトバンク1死一塁、バレンティンが左中間に勝ち越し2ランを放つ(3日、札幌ドーム)=共同

【楽天3-1ロッテ】楽天がロッテと並んで首位に浮上した。1-1の五回に辰己の1号ソロで勝ち越し、六回に島内の1号ソロで加点した。則本昂は6回2/3を投げ4安打1失点で開幕3連勝。ロッテは石川が6回3失点で今季初黒星を喫した。

7回途中1失点で3勝目を挙げた楽天・則本昂(3日、楽天生命パーク)=共同

7回途中1失点で3勝目を挙げた楽天・則本昂(3日、楽天生命パーク)=共同

【巨人5-0中日】巨人の菅野が1安打に抑え、今季初の完封で2勝目。七回途中まで無安打で、11三振を奪った。打線は六回に坂本のソロで先制。七回は失策で加点し、八回も北村が3点二塁打を放った。中日は打線が沈黙し、大野雄を援護できず。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 日本野球機構(NPB)と12球団は11日、プロ野球実行委員会をオンラインで開き、中日がA・マルティネス捕手とロドリゲス投手の新人王資格を申請して承認された。〔共同〕 …続き (19:21)

 プロ野球の臨時12球団代表者会議が11日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルスの感染者が出て保健所による濃厚接触者の認定が間に合わない場合に試合開催を判断するための手順を議論した。週内にマニュアル …続き (19:21)

 プロ野球とサッカーのJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第13回会議が11日、オンラインで開かれ、新型コロナの感染者が出て保健所による濃厚接触者の判定が間に合わない場合、リ …続き (13:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]