2019年6月17日(月)

プロ野球

12日のプロ野球 結果と戦評

2019/6/12 21:05 (2019/6/12 22:16更新)
保存
共有
印刷
その他

【日本ハム2-1広島】日本ハムの吉田輝が5回1失点で初登板勝利。序盤は不安定だったが、直球主体で強気に押して徐々に調子を上げた。打線は一回に大田の12号ソロで先制、1-1の二回に西川の適時打で勝ち越した。広島は打線がつながりを欠いた。

広島戦に先発した日本ハム・吉田輝(12日、札幌ドーム)=共同

広島戦に先発した日本ハム・吉田輝(12日、札幌ドーム)=共同

【DeNA6-5ロッテ】DeNAが今季最長に並ぶ4連勝を飾った。3-3の八回に大和の2点適時打で勝ち越し、九回に宮崎の犠飛で加点。三嶋が六回途中から好救援し2勝目。九回は山崎が反撃を2点でしのいだ。ロッテは3連敗で3カード連続負け越し。

【楽天7-4ヤクルト】楽天が4連勝とした。一回に浅村の犠飛で先制。三回にウィーラーの2点適時打、六回には茂木の適時打などで3点を加えた。久保が四回途中から今季初登板して1回2/3を無失点で白星。ヤクルトは館山が3回3失点と誤算だった。

4回途中から登板し、今季初勝利を挙げた楽天・久保(12日、楽天生命パーク)=共同

4回途中から登板し、今季初勝利を挙げた楽天・久保(12日、楽天生命パーク)=共同

【中日6-2オリックス】中日は2-2の八回1死満塁から京田の左前打で勝ち越し、2死後は井領の3点三塁打で計4点を奪った。大野雄は7回4安打2失点で3勝目。三回に逆転したオリックスは3番手の近藤が死球から崩れて4失点し、3連敗となった。

8回中日1死満塁、京田が左前に勝ち越し打を放つ(12日、京セラドーム)=共同

8回中日1死満塁、京田が左前に勝ち越し打を放つ(12日、京セラドーム)=共同

【阪神8-2ソフトバンク】阪神は梅野が0-1の四回に2ラン、六回は2点適時打を放ち、4打点の活躍。七回は原口の適時打などで2点を加え、八回は植田のプロ1号2ランで突き放した。青柳は7回2失点で自己最多5勝目。ソフトバンクは3位に転落した。

8回阪神1死二塁、植田が右越えに2ランを放つ(12日、ヤフオクドーム)=共同

8回阪神1死二塁、植田が右越えに2ランを放つ(12日、ヤフオクドーム)=共同

【巨人9-4西武】巨人は2-3の四回に炭谷の2点適時打と丸の適時打で3点を奪って逆転し、八回に亀井の3点二塁打と坂本勇の適時打で4点を加え、突き放した。高木が五回から3回を完璧に抑え2勝目。西武は投手陣が要所で踏ん張れなかった。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

四回西武1死二塁、森が右中間に勝ち越し二塁打を放つ=共同

 西武とヤクルトはともに攻めは派手だが、失点数はそれぞれのリーグで目下ワーストだ。数字が表すとおりの、にぎやかな点の奪い合い。勝負の分かれ目は序盤にあった。
16日のプロ野球 結果と戦評

 二回無死、 …続き (16日 20:05)

7回3失点でリーグトップに並ぶ7勝目を挙げた巨人・菅野(16日、札幌ドーム)=共同

【オリックス5―5阪神】阪神が5点差を追い付き、延長十二回引き分け。七回に大山の二塁打などで3点返し、九回2死から代打福留が2点二塁打を放った。延長に入ってドリスらがピンチをしのいだ。田嶋の快投も絡ん …続き (16日 19:07更新)

九回1死二、三塁、ロメロがサヨナラの左犠飛を放つ=共同

 最後は頼れる3番、4番が試合を決めた。オリックスは阪神との“関西ダービー”を2夜連続で終盤にひっくり返し、この日は歓喜のサヨナラ勝ち。逆転勝ちは3試合連続となり、西村監督は「選手全員が(試合は)最後 …続き (15日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]