/

12日のプロ野球 結果と戦評

(更新)

【楽天8-5オリックス】楽天が今季最多の20安打で打ち勝った。4-4の七回に嶋の適時打で勝ち越し、八回に島内の適時打とウィーラーの2点二塁打で3点を加えた。2番手の西宮が2年ぶりの勝利。松井は9セーブ目。オリックスは連勝が3で止まった。

7回西武1死、山川が左越えに、この試合2本目の本塁打を放つ(12日、札幌ドーム)=共同

【西武6-3日本ハム】西武が連敗を5で止めた。一回に暴投で1点を先行し、三回に源田の適時二塁打と山川の2ランで3点、五回に中村の適時打、七回に山川の15号ソロで加点。十亀が七回途中3失点で今季初勝利。日本ハムはバーベイトが序盤に崩れた。

【ヤクルト4-1巨人】ヤクルトは0-1の三回に山崎の適時三塁打、雄平の適時二塁打、川端の適時打で3点を奪い逆転し、九回に太田の適時打で加点した。高梨が5回1失点で4勝目。九回は梅野が締めた。巨人は10残塁の拙攻で犠飛の1点にとどまった。

3回ヤクルト無死三塁、雄平が右中間に勝ち越し二塁打を放つ。投手山口、捕手小林(12日、東京ドーム)=共同

【中日5-2阪神】中日は2-2の二回に大島の三塁打で勝ち越し、五回は阿部が2点二塁打を放った。プロ初先発の清水は味方の好守に支えられ、5回2失点で初勝利。鈴木博が11セーブ目。阪神は才木が5失点を喫し、二回以降は逸機続きだった。

【ロッテ5-4ソフトバンク】ロッテが4点差を逆転し、ソフトバンクに3カード連続で勝ち越した。3-4の七回に井上、中村奨がともに中前に適時打を放った。石川が6回4失点で今季初勝利。益田が10セーブ目。ソフトバンクは救援陣が精彩を欠いた。

7回ロッテ1死二、三塁、中村奨が中前に勝ち越し打を放つ(12日、ヤフオクドーム)=共同

【広島8-1DeNA】広島は3年目のアドゥワが先発転向後初白星をプロ初完投で飾った。無四球でソロ本塁打による1失点。今季最多13安打の打線は一回に鈴木が先制3ラン。二回の田中広の2盗塁など足を絡めて加点した。DeNAは今季最悪の借金11。〔共同〕

プロ初完投で先発初勝利を挙げ、捕手磯村とタッチを交わす広島・アドゥワ(12日、マツダ)=共同

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン