/

2日のプロ野球 結果と戦評

【ヤクルト9-3中日】ヤクルトが快勝した。一回に山田の犠飛で先制し、四回まで毎回得点。六回は青木の2点二塁打と村上の2点打で突き放し、15安打9得点と打線が機能した。中日は柳が4回5失点と崩れ、1分けを挟んで今季2度目の4連敗となった。

6回ヤクルト1死満塁、青木が左翼線に2点二塁打を放つ(2日、バンテリンドーム)=共同

【オリックス5-3西武】オリックスが3連勝。一回に杉本のリーグ最多に並ぶ18号2ランで先制し、三回にT―岡田の適時打などで2点、七回に1点を加えた。山本は7回2失点でリーグトップタイの8勝目。西武は佐々木の一回無死での危険球退場が響いた。

西武戦に先発し、8勝目を挙げたオリックス・山本(2日、メットライフドーム)=共同

【広島7-1阪神】広島は二回に打線がつながった。鈴木誠の2戦連発の12号ソロ、菊池涼の2点打、西川の適時打、打者一巡して鈴木誠の3点二塁打で7点を先制。玉村はテンポ良く、7回1失点で2勝目を挙げた。阪神は西勇が4回7失点で5敗目。〔共同〕

2回広島2死満塁、鈴木誠が左中間に走者一掃の二塁打を放つ(2日、マツダ)=共同
(データ提供:共同通信デジタル)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン