2019年9月23日(月)

プロ野球

21日のプロ野球 結果と戦評

2019/7/21 17:56 (2019/7/21 22:17更新)
保存
共有
印刷
その他

【DeNA5-4中日】DeNAは3連勝で約3カ月ぶりに貯金をつくった。三回はロペスの満塁本塁打と乙坂の適時打で一挙5点。大貫は5回2失点で5勝目、山崎は5年連続の20セーブ。中日は笠原が崩れ、反撃も及ばず3連敗で5位に後退した。

【広島2-1巨人】広島がサヨナラ勝ちで3連勝。1-1の延長十回1死満塁から鈴木の右前打で試合を決めた。九里が8回1失点と好投し、3番手の今村が1回無失点で2勝目。巨人は九回1死満塁を逸するなど好機を生かせず、今季2度目の4連敗。

【ソフトバンク4-2楽天】ソフトバンクが連敗を6で止めた。1-2の六回に長谷川勇の2ランで逆転し、九回に甲斐の適時打で加点。救援で五回のピンチを抑えた松田遼が2年ぶりの勝利を挙げ、九回は甲斐野が締めた。楽天は連勝が3で止まり4位に転落。

6回ソフトバンク2死一塁、長谷川勇が左越えに逆転2ランを放つ(21日、楽天生命パーク)=共同

6回ソフトバンク2死一塁、長谷川勇が左越えに逆転2ランを放つ(21日、楽天生命パーク)=共同

【阪神5-2ヤクルト】阪神は0-1の五回に近本の7号3点本塁打で逆転し、八回は押し出し四死球で加点。西は内外角に制球良く投げ分け、7回2失点で5月10日以来の4勝目。ヤクルトは今季初先発の山中が一発に泣き、阪神戦6連敗(1分け挟む)。

7回2失点で4勝目を挙げた阪神・西(21日、甲子園)=共同

7回2失点で4勝目を挙げた阪神・西(21日、甲子園)=共同

【西武10-3オリックス】西武は2-3の六回に山川の30号3ランで逆転し、七回に秋山の適時打で1点、八回に金子侑の適時三塁打などで4点を加えた。ニールが6回3失点で5勝目。救援陣は無失点でつないだ。オリックスは荒西が六回途中4失点と崩れた。

6回、逆転の3ランを放ちコーチとタッチする西武・山川(21日、メットライフドーム)=共同

6回、逆転の3ランを放ちコーチとタッチする西武・山川(21日、メットライフドーム)=共同

【ロッテ9-4日本ハム】ロッテが連敗を4で止めた。一回にレアードの2点適時打、清田の適時打、三家のプロ初本塁打となる3ランなど打者一巡で一挙7点を挙げた。種市は5回2失点で5勝目。日本ハムは堀が四回途中8失点と乱れ連勝が5で止まった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

8回西武2死満塁、代打メヒアが左中間に走者一掃の勝ち越し二塁打を放つ。捕手太田(23日、楽天生命パーク)=共同

 内角の153キロの速球を力ではじき返した。2―2で迎えた八回2死満塁。代打で登場した西武・メヒアの「(野手の)間に落ちるかどうか、半々だと思った」という当たりが左中間へ飛ぶ。楽天の辰己、島内が懸命に …続き (19:48)

引退セレモニーでナインに胴上げされるロッテ・福浦(23日、ZOZOマリン)=共同

 ロッテの福浦和也2軍打撃コーチ兼内野手(43)が23日、ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦に出場して26年間の現役生活に別れを告げた。7番で先発して4打数無安打に終わったが、九回に指名打者 …続き (19:42)

8回、代打で勝ち越しの3点打を放ち、ナインに迎えられる西武・メヒア(23日、楽天生命パーク)=共同

 パ・リーグは23日、首位西武が楽天に5―3で勝ち、優勝へのマジックナンバーを一つ減らして「2」とした。西武が24日のロッテ戦に勝ち、2位ソフトバンクが楽天に敗れれば、西武の2年連続23度目(前身の西 …続き (17:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。