プロ野球

21日のプロ野球 結果と戦評

2019/4/21 18:17 (2019/4/21 19:25更新)
保存
共有
印刷
その他

【楽天7-3オリックス】楽天は二回に嶋の2号2ランで先制し、三回にウィーラーの犠飛と押し出し四球で2点、四回に浅村の2点二塁打で加点した。釜田は六回途中3失点で粘り2年ぶりの勝利。オリックスは松葉が二回途中に危険球で退場したのが響いた。

オリックス戦に先発し、6回途中3失点で2年ぶりの勝ち星を挙げた楽天・釜田(21日、楽天生命パーク)=共同

オリックス戦に先発し、6回途中3失点で2年ぶりの勝ち星を挙げた楽天・釜田(21日、楽天生命パーク)=共同

【広島7-4DeNA】広島が今季初の4連勝。一回に鈴木、バティスタの適時打などで4点を先行し、二回にバティスタの2点打で差を広げた。ジョンソンは5回1失点で今季初勝利。DeNAは先発の国吉が1回4失点と崩れ、追い上げも及ばず5連敗。

【巨人3-0阪神】巨人が3連勝で首位に立った。メルセデスが7回無失点で2勝目。四回に失策で1点を先制。七回は山本が適時三塁打を放った。阪神は2戦連続の零敗で3連敗となり、単独最下位。巨人戦は昨年から1分けを挟んで9連敗。

【ソフトバンク16-5西武】ソフトバンクが今季最多の16得点で大勝。三回に甲斐の2号ソロで先制し、四回は甲斐の適時二塁打などで5点。五回にも周東のプロ初本塁打の3ランなどで5点を加えた。高橋礼が5回2失点で開幕4連勝。西武は投手陣が崩れた。

4回ソフトバンク1死一、二塁、甲斐が中越えに適時二塁打を放つ(21日、メットライフドーム)=共同

4回ソフトバンク1死一、二塁、甲斐が中越えに適時二塁打を放つ(21日、メットライフドーム)=共同

【日本ハム2-1ロッテ】日本ハムは三回に西川の適時打で先制し、四回に渡辺の適時二塁打で加点した。有原は6回3安打1失点で開幕3連勝。救援陣が無失点でつなぎ、秋吉が締めて逃げ切った。ロッテは打線が石川を援護しきれず、連勝が4で止まった。

【中日7-5ヤクルト】中日が逃げ切った。一回にビシエドの2点適時打で先制し、二回はビシエドらの3適時打で3点。その後も加点した。7投手で継投し、2番手の佐藤が今季初勝利。鈴木博が7セーブ目。ヤクルトは反撃が届かず、2位に後退した。〔共同〕

4回に登板し、今季初勝利を挙げた中日・佐藤(21日、ナゴヤドーム)=共同

4回に登板し、今季初勝利を挙げた中日・佐藤(21日、ナゴヤドーム)=共同

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

ドラフト1位指名のあいさつで訪れたDeNA・ラミレス監督(左)とポーズをとる桐蔭学園高の森敬斗内野手(18日、横浜市)=共同

 ドラフト会議でDeNAから1位指名を受けた神奈川・桐蔭学園高の森敬斗内野手が18日、横浜市内の同校でラミレス監督らの訪問を受けた。投手が豊作だった今年のドラフトで最初に指名した熱意を伝えられ「1年目 …続き (18日 20:27)

引退記者会見を行った楽天・今江(18日、楽天生命パーク)=共同

 楽天の今江年晶内野手(36)が18日、楽天生命パーク宮城で引退記者会見を行った。今季はキャンプ直前に右目の不調を訴えて26試合の出場にとどまり「悪くなると私生活に影響する状況。年齢もあるし引退しよう …続き (18日 19:38)

ヤクルトの伊東昭光編成部長(右)と阿部健太スカウト(左)から指名あいさつ受け、「交渉権確定」の当たりくじを受け取った星稜高の奥川恭伸投手(18日、金沢市)=共同

 3球団から1位指名を受け、ヤクルトが交渉権を獲得した石川・星稜高の奥川恭伸投手が18日、金沢市の同校でヤクルトの伊東昭光編成部長と、担当の阿部健太スカウトから指名あいさつを受け「少しずつ実感が湧いて …続き (18日 19:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]