/

11日のプロ野球 結果と戦評

【西武2-1ロッテ】西武が競り勝った。0-1の四回に中村の犠飛で追い付き、五回に山田の犠飛で勝ち越した。平井は7回1失点で8三振を奪いリーグトップの3勝目。平良、増田とつなぎ逃げ切った。ロッテは拙攻で内野ゴロの間の1点にとどまった。

5回西武1死三塁、山田が勝ち越しの右犠飛を放つ(11日、ZOZOマリン)=共同

【阪神3-2DeNA】阪神が3連勝。一回に大山の遊ゴロと失策で2点を先制。四回に中野の適時打で加点した。ガンケルが七回途中までソロ本塁打の1点にしのいで3勝目。スアレスは3セーブ目。DeNAは守りのミスが響き、3連敗となった。

【中日2-1ヤクルト】中日は三回に福田の二塁打で先制し、六回は木下拓のソロで加点した。小笠原が7回1失点で今季初勝利を挙げた。祖父江が九回のピンチをしのぎ、リーグ最多に並ぶ5セーブ目。ヤクルトは田口が2敗目を喫し、勝率5割を切った。

6回中日2死、木下拓が左越えに今季1号の本塁打を放つ(11日、バンテリンドーム)=共同

【ソフトバンク2-0楽天】ソフトバンクが4連勝した。四回にデスパイネの適時二塁打で先制し、九回に中村晃の適時二塁打で加点。5投手で無失点リレーし、3番手の田浦がプロ初勝利。楽天は早川の六回途中1失点の好投を生かせず連勝が3で止まった。

【巨人9-0広島】巨人が勝率を5割に戻した。一回に岡本和の1号2ランで先制し三回に大城の適時打、四回に松原の適時二塁打、亀井の適時打で2点を加え差を広げた。今村は7安打で3年ぶりに完封し開幕2連勝。広島は今季初の零敗を喫した。

完封で2勝目を挙げた巨人・今村(11日、マツダ)=共同

【オリックス4-4日本ハム】オリックスが土壇場で追い付き引き分けた。1-4の九回は代打T―岡田の適時打で1点を返し、2死二、三塁から宗の2点三塁打で同点とした。宮城は7回2失点。日本ハムは加藤が8回1失点と好投したが、玉井が誤算だった。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン