プロ野球

11日のプロ野球 結果と戦評

2020/7/11 18:20 (2020/7/11 23:00更新)
保存
共有
印刷
その他

【ヤクルト9-4巨人】ヤクルトが今季初の3連勝とした。2-2の四回に雄平の犠飛で1点を勝ち越し、六回は山崎の適時打、七回は青木の2点二塁打などで着実に加点した。小川は6回2失点で開幕3連勝。巨人は今季初の3連敗を喫した。

7回ヤクルト2死一、二塁、青木が中越えに2点二塁打を放つ(ほっともっと神戸)=共同

7回ヤクルト2死一、二塁、青木が中越えに2点二塁打を放つ(ほっともっと神戸)=共同

【DeNA4-2阪神】DeNAが逆転勝ち。1-2の九回1死一塁から桑原の中前打が後逸を誘い、同点。ソトの2点本塁打で勝ち越した。4番手の石田が今季初白星。阪神は西勇が6回1/3を無失点と好投したが、藤川で逃げ切りに失敗。4連勝で止まった。

【ソフトバンク8-4楽天】ソフトバンクは2-4の三回に松田宣の2試合連続本塁打となる2ランで追い付く。七回に明石の適時二塁打で勝ち越し、八回は中村晃の2点打などで3点を加えた。二保は7回4失点で今季初勝利。楽天は今季初の連敗を喫した。

3回、同点2ランを放ち、ベンチ前でポーズを決めるソフトバンク・松田宣(ペイペイドーム)=共同

3回、同点2ランを放ち、ベンチ前でポーズを決めるソフトバンク・松田宣(ペイペイドーム)=共同

【広島19-4中日】広島が今季最多の23安打で圧勝した。1-1の三回に11安打の猛攻で9点を勝ち越した。終盤もさらに9点を加えた。床田は6回3失点で今季初勝利。中日は先発の勝野が早々と崩れ、救援の三ツ間も集中打を浴びた。

6回3失点で今季初勝利を挙げた広島・床田(ナゴヤドーム)=共同

6回3失点で今季初勝利を挙げた広島・床田(ナゴヤドーム)=共同

【オリックス5-3日本ハム】オリックスは同点の八回1死二、三塁で吉田正の投ゴロが野選となり勝ち越し、ロドリゲスの2点打などで突き放した。八回に登板したヒギンスが来日初勝利を挙げた。ディクソンが3セーブ目。日本ハムは逸機を繰り返した。

【ロッテ6-4西武】ロッテが逃げ切った。一回に菅野と井上の2ランで4点を先制。二回に荻野、四回には菅野の適時打で加点した。種市が6回3失点で今季初勝利を挙げ、益田が5セーブ目。西武は松本が序盤に崩れ、打線の反撃も及ばなかった。

 1回ロッテ1死一塁、井上が左越えに2ランを放つ。捕手森=ZOZOマリン

1回ロッテ1死一塁、井上が左越えに2ランを放つ。捕手森=ZOZOマリン

〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が5日、オンラインで開かれ、日本のドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手に一定期間、NPBの球団とは契約できない「田沢ルール」につ …続き (0:10)

7回1失点で2勝目を挙げた広島・野村=共同

 広島・野村に打者を圧倒する球威はない。少し甘くなればどうなるか、ということを語っていたのが、二回宮本に喫した右中間へのソロだった。だが、結果的にこの一撃はほとんど間違いのない制球のすごさを示すことに …続き (5日 23:20)

1安打完封で開幕6連勝を挙げ、太田(右)からウイニングボールを受け取る楽天・涌井(5日、楽天生命パーク)=共同

【楽天6―0ソフトバンク】楽天が同率首位に浮上。涌井が今季初完投を1安打完封で飾り、自身初の開幕から6連勝を挙げた。 …続き (5日 22:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]