/

1日のプロ野球 結果と戦評

【中日9-6巨人】中日は四回に木下拓、小笠原の適時打で2点を先制。五、六回もビシエドの2ランなどで計5点を加えた。7-6の九回は大島が2点三塁打を放った。小笠原は六回途中3失点で2勝目。巨人は投手陣が崩れ、後半の猛反撃も及ばず。

4回中日2死一、二塁、小笠原が右前に適時打を放つ。投手今村、捕手大城(1日、東京ドーム)=共同

【DeNA10-2ヤクルト】DeNAが今季ヤクルト戦8試合目で初勝利した。2-2の六回に代打倉本の2点適時打で勝ち越し、七回に宮崎と嶺井の2点適時打などで6点を加えた。3番手のエスコバーが今季初勝利。ヤクルトは3失策と要所で守備が乱れた。

ヤクルトに大勝し、タッチを交わすDeNAナイン(1日、横浜)=共同

【楽天3-0ロッテ】楽天が今季初の4連勝とした。三回に浅村の適時打で1点を先制し、四回に岡島の2ランで加点した。田中将が6回を投げて5安打を浴びながらも無失点で切り抜け2勝目を挙げた。松井は7セーブ目。ロッテは勝率5割に逆戻りした。

ロッテに勝利し、ポーズをとる楽天の(左から)浅村、田中将、岡島(1日、楽天生命パーク)=共同

【日本ハム5-4西武】日本ハムが逆転で今季初のサヨナラ勝ち。1-4の九回に中田の4号2ランと大田の適時二塁打で追い付き、なお2死満塁で杉谷が押し出し四球を選んで試合を決めた。3番手の谷川が移籍後初勝利。西武は九回に抑えの増田が崩れた。

【ソフトバンク13-0オリックス】ソフトバンクが17安打で今季最多の13点を奪い、大勝した。一回に5連打と失策で4点を先制。三回に松田が3ランを放ち、その後も柳田、周東のソロなどで加点した。今季初登板のマルティネスが1勝目。オリックスは増井が誤算。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン