2019年7月16日(火)

プロ野球

20日のプロ野球 結果と戦評

2019/6/20 21:41 (2019/6/20 22:02更新)
保存
共有
印刷
その他

【ソフトバンク6-5ヤクルト】ソフトバンクが競り勝った。一回に先制ソロを放った内川が4-4の六回に勝ち越しの8号2ランをマーク。5回4失点の大竹が5勝目。甲斐野がプロ初セーブを挙げた。ヤクルトは山田哲の2本塁打で追い上げたが、及ばなかった。

6回ソフトバンク1死一塁、内川が左越えに勝ち越し2ランを放つ(20日、神宮)=共同

6回ソフトバンク1死一塁、内川が左越えに勝ち越し2ランを放つ(20日、神宮)=共同

【広島7-6ロッテ】広島がサヨナラ勝ちした。6-6の九回に三つの四球で2死満塁から会沢の左前適時打で勝負を決めた。九回に同点を許したフランスアに5勝目が付いた。ロッテは終盤に6点差を追い付く粘りを見せたが、九回にブランドンが崩れた。

9回広島2死満塁、サヨナラ打を放ちガッツポーズする会沢(20日、マツダ)=共同

9回広島2死満塁、サヨナラ打を放ちガッツポーズする会沢(20日、マツダ)=共同

【日本ハム8-4DeNA】日本ハムが連敗を4で止めた。3-4の六回に清宮のソロで追い付くと七回に代打杉谷のソロで勝ち越し、九回に中島の適時打と大田の2ランで3点を加えた。四回途中から救援6投手が無失点でつないだ。DeNAは救援陣が崩れた。

7回、代打で勝ち越しソロを放った杉谷(2)を迎える清宮(中央)ら日本ハムナイン(20日、横浜)=共同

7回、代打で勝ち越しソロを放った杉谷(2)を迎える清宮(中央)ら日本ハムナイン(20日、横浜)=共同

【西武2-1中日】西武が4連勝とした。二回は山川の27号ソロ本塁打で先制し、木村の遊ゴロの間に加点した。ニールが5回1失点で2勝目。救援陣も好投し、増田は12セーブ目。中日は打線に元気がなく、3連敗で借金が今季最多の11に増えた。

2回西武無死、山川が左越えに先制本塁打を放つ(20日、ナゴヤドーム)=共同

2回西武無死、山川が左越えに先制本塁打を放つ(20日、ナゴヤドーム)=共同

【楽天3-2阪神】楽天が3連勝で貯金を2桁とした。石橋は鋭い変化球が効果的で、八回途中2失点で4勝目。五回に茂木の2点打で追い付き、七回に島内が中前に勝ち越し打。拙攻拙守の阪神は2年ぶりの6連敗(1分け挟む)で、勝率5割に逆戻り。

7回楽天2死一、二塁、島内が中前に適時打を放つ(20日、甲子園)=共同

7回楽天2死一、二塁、島内が中前に適時打を放つ(20日、甲子園)=共同

【巨人4-2オリックス】巨人が6カード連続で3連戦に勝ち越した。0-2の六回に丸の2ランで追い付き、八回に丸の2点三塁打で勝ち越した。沢村が2勝目を挙げ、中川が9セーブ目。オリックスは2点を先行しながら終盤の好機を生かせなかった。〔共同〕

7回から登板し、2勝目を挙げた巨人・沢村(20日、東京ドーム)=共同

7回から登板し、2勝目を挙げた巨人・沢村(20日、東京ドーム)=共同

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

今季1軍初登板となった阪神戦に先発し、力投する中日・松坂=共同

 右肩痛からの復帰という不安と期待が入り交じるマウンド。7月中旬まで今季初登板がずれ込んだ中日・松坂が、遅ればせながら本来いるべき場所に戻ってきた。我慢に我慢を重ね、勝ち負けつかずの5回2失点。経験に …続き (23:09)

5回、阪神2死二、三塁のピンチを切り抜けベンチに戻る中日・松坂(16日、ナゴヤドーム)=共同

 右肩を痛めて2軍で調整していたプロ野球中日の松坂大輔投手(38)が16日、名古屋市東区のナゴヤドームで行われた阪神戦で今季初登板し、5回2失点で勝敗は付かなかった。松坂は「もう1イニング、2イニング …続き (21:59)

7回途中3失点でリーグトップの10勝目を挙げた巨人・山口(16日、神宮)=共同

【巨人6―3ヤクルト】巨人が5連勝で両リーグ最速の50勝目を挙げた。亀井が3―3の四回に勝ち越し打を放ち、七回に9号ソロでリードを広げた。山口は七回途中まで3失点で6連勝として両リーグ単独トップの10 …続き (22:05更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。