/

30日のプロ野球 結果と戦評

【広島1-0巨人】広島は八回に野間の2年ぶりの本塁打で1点を挙げて競り勝った。九里は八回途中まで無失点で6勝目を挙げ、栗林は15セーブ目。巨人は山口が八回1死まで無安打に抑える力投だったが、打線が援護できず連勝は8で止まった。

8回途中無失点で6勝目を挙げた広島・九里(30日、東京ドーム)=共同

【オリックス5-0ロッテ】オリックスが完勝し、単独首位に立った。二回に安達の適時二塁打で先制し、四回は若月の1号3ランで突き放した。田嶋は速球に力があり、7回3安打無失点で自身3連勝の5勝目。ロッテは5度目の零敗。鈴木は4敗目を喫した。

4回オリックス2死一、三塁、若月が左越えに3ランを放つ(30日、京セラドーム)=共同

【阪神2-2ヤクルト】阪神が追い付いて九回引き分け。1-2と勝ち越された直後の八回、一回に先制二塁打のマルテが右翼ポール直撃の同点ソロを放った。拙攻が目立ったヤクルトは八回にサンタナの適時二塁打でリードを奪ったが、清水が痛打された。

【日本ハム3-0楽天】日本ハムが今季初の無失点勝ち。二回に渡辺の適時打で先行し、八回に野村の2点適時打で加点。2年目の立野が5回3安打無失点でプロ初勝利を挙げた。楽天は田中将の7回1失点の好投を生かせず連勝が4で止まり2位に転落した。

5回無失点でプロ初勝利を挙げた日本ハム・立野(30日、楽天生命パーク)=共同

【DeNA9-4中日】DeNAが今季初の5連勝。一回にオースティンの適時打と宮崎の犠飛、ソトの2ランで4点を先制。13安打9得点と打線が活発だった。今永が5回3失点で2勝目。今季最多の負け越し8となった中日は、2回7失点の福谷が誤算。

1回DeNA2死一塁、ソトが左越えに2ランを放つ(30日、神宮)=共同

【ソフトバンク9-1西武】ソフトバンクが15安打9得点で大勝し、連敗を4で止めた。一回に柳田の適時二塁打と栗原の犠飛で2点を先制。三回は谷川原の2点適時打、松田の9号2ランで突き放した。東浜は7回1失点で2勝目。西武は投打に精彩を欠いた。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン