/

30日のプロ野球 結果と戦評

(更新)

【阪神5-3広島】阪神は3-3の延長十回に大山が勝ち越し三塁打。2四球などによる2死一、二塁で右中間に打ち返した。好救援の岩貞が連夜の勝ち星となる4勝目。五回に菊池涼の3点本塁打で追い付いた広島は、フランスアがつかまった。

10回阪神2死一、二塁、大山が右中間に決勝の2点三塁打を放つ(30日、マツダ)=共同

【ヤクルト6-4DeNA】ヤクルトが逃げ切って連敗を5で止めた。一回に雄平の犠飛で先取点を挙げると二回に山田哲の満塁本塁打でリードを広げた。小川が7回2失点で7勝目を挙げた。DeNAは終盤に追い上げたが及ばず、連勝が3でストップした。

【西武3-2楽天】西武が土壇場で逆転勝ちした。0-2の九回2死一、二塁でメヒアの7号本塁打でひっくり返した。八回に登板した森脇が2勝目を挙げ、増田が14セーブ目。楽天は六回以降を継投でしのいできたが、抑えのブセニッツがつかまった。

9回西武2死一、二塁、メヒアが左越えに決勝の逆転3ランを放つ(30日、楽天生命パーク)=共同

【巨人3-2中日】巨人が逃げ切った。一回に松原の犠飛と丸の2点適時打で3点を先制。直江は四回途中まで1失点で降板。その後は6投手の継投でしのぎ、大江が2勝目を挙げた。中日は勝野が6回3失点と粘り、打線も追い上げたが及ばなかった。

1回巨人1死二、三塁、丸が右前に2点打を放つ(30日、東京ドーム)=共同

【ソフトバンク8-5日本ハム】ソフトバンクが逆転で8連勝を飾った。3-5の三回にグラシアルの適時打と栗原の犠飛で追い付くと、四回に中村晃の4号2ランで勝ち越した。2番手の高橋礼が3勝目、森が17セーブ目。日本ハムは4連敗で勝率5割を切った。

4回ソフトバンク2死一塁、中村晃が右越えに勝ち越し2ランを放つ。捕手清水(30日、ペイペイドーム)=共同

【オリックス5-0ロッテ】オリックスが連敗を5で止めた。四回に失策と松井佑の投手強襲安打で2点を先制。五回にはジョーンズの10号3ランで加点した。アルバースは7回を6安打無失点で、7月21日以来の3勝目を挙げた。ロッテは攻守にミスが目立った。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン