プロ野球

30日のプロ野球 結果と戦評

2020/7/30 21:56
保存
共有
印刷
その他

【広島4-4中日】中日が2-4の七回にビシエドの2点適時打で追い付き、延長十回の末に引き分けた。五回以降は中継ぎ陣が踏ん張り、無失点でつないだ。四回に堂林の7号3ランで逆転した広島は、2番手の菊池保が打たれて逃げ切れなかった。

7回中日2死満塁、ビシエドが中前に同点2点打を放つ。捕手会沢(30日、マツダ)=共同

7回中日2死満塁、ビシエドが中前に同点2点打を放つ。捕手会沢(30日、マツダ)=共同

【DeNA4-2巨人】DeNAは0-1の七回に代打嶺井と倉本の適時打で逆転し、九回に宮崎の6号2ランで加点した。大貫は6回6安打1失点で、3連勝で3勝目。三嶋が2セーブ目。巨人は打線が10安打しながら12残塁の拙攻で2点止まりだった。

7回、勝ち越し打を放ち、ガッツポーズするDeNA・倉本=右(30日、東京ドーム)=共同

7回、勝ち越し打を放ち、ガッツポーズするDeNA・倉本=右(30日、東京ドーム)=共同

【楽天4-3ロッテ】楽天は2-3の六回に島内の二ゴロとロメロの適時打で2点を奪い逆転した。救援5投手が無失点でつないで逃げ切り、2番手で五回2死二塁をしのいだ久保が今季初登板で勝利を挙げた。ロッテは2連敗で勝率5割を切った。

【西武6-0ソフトバンク】西武は一回に山川の適時打で先制。三回と五回に森が2打席連続本塁打を放つなど小刻みに加点した。5回無失点の与座が2勝目。ソフトバンクはプロ初先発の板東が五回途中5失点で初黒星。拙攻が続き、今季初の無得点に終わった。

【日本ハム7-3オリックス】日本ハムが今季初の3連勝。一回に大田、渡辺、横尾の3者連続適時打などで4点を先制し、三回に大田の2ラン、四回に中田の犠飛で加点した。杉浦は八回途中1失点で3勝目。オリックスは山崎福が四回途中7失点と崩れ、4連敗。

3回日本ハム1死一塁、大田が左越えに2ランを放つ(30日、札幌ドーム)=共同

3回日本ハム1死一塁、大田が左越えに2ランを放つ(30日、札幌ドーム)=共同

【ヤクルト6-0阪神】ヤクルトの高橋が8回3安打無失点の好投で今季初勝利。打線は二回に吉田成の二塁打で先制。七回は坂口の内野安打と失策で3点を加え、八回も川端の適時打などで突き放した。阪神は力投の藤浪を援護できず、勝率5割に戻った。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

3回、1死一、二塁でDeNA・ソトを併殺打に打ち取り、喜ぶ広島・九里(28日、マツダ)=共同

【広島4―0DeNA】広島が快勝した。一回に鈴木誠の犠飛で先制。菊池涼が三回にソロ、五回に適時二塁打を放った。九里は丁寧な投球で要所を締め、今季初完封で5勝目。七回には自らの内野ゴロで加点した。DeN …続き (28日 21:02)

7回無失点で8勝目を挙げた巨人・戸郷=共同

 8月27日以降白星から遠ざかり、気負いが空回りしてもおかしくないマウンドで、2年目の20歳とは思えない巨人・戸郷の冷静さが光った。序盤こそ球が上ずったが、きっちり修正。「今月は勝ちがなくチームに迷惑 …続き (27日 19:45)

7回無失点で8勝目を挙げた巨人・戸郷(27日、東京ドーム)=共同

巨人は戸郷が7回無失点で8月27日以来の8勝目。打線は一回に松原の先制三塁打、坂本の内野ゴロで2点を先制。五回は岡本が、七回は丸が適時打を放つなど中軸が機能した。 …続き (27日 22:43更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]