プロ野球

30日のプロ野球 結果と戦評

2020/6/30 21:35
保存
共有
印刷
その他

【巨人5-2DeNA】巨人は1-2の六回に岡本、パーラの適時打で2点を奪い逆転し、八回に丸の1号ソロ、岡本の5号ソロで2点を加えた。戸郷は七回途中2失点で2勝目。救援陣が無失点でつないだ。DeNAは早めに継投したが、救援陣が崩れた。

5回、移籍後初安打を放ち、一塁でガッツポーズする巨人・ウィーラー(30日、東京ドーム)=共同

5回、移籍後初安打を放ち、一塁でガッツポーズする巨人・ウィーラー(30日、東京ドーム)=共同

【日本ハム1-1ソフトバンク】両チーム決め手なく引き分け。ソフトバンクは三回に今宮の犠飛で先制したが、四回以降は無安打。日本ハムは約1年ぶりに登板の上沢が5回1失点。四回に近藤の適時打で追いついたが、六、八回の1死二塁をともに生かせなかった。

【西武3-2オリックス】西武が4連勝した。四回2死満塁から栗山の2点適時打で先制し、六回に外崎の遊ゴロの間に加点した。高橋光は七回途中2失点で開幕2連勝。救援陣が無失点でつなぎ、九回は増田が締めた。オリックスは追い上げも及ばず7連敗。

オリックス戦に先発した西武・高橋光(30日、メットライフドーム)=共同

オリックス戦に先発した西武・高橋光(30日、メットライフドーム)=共同

【中日5-0阪神】中日は柳が7回3安打無失点で今季初勝利。5四球こそあったが力強い投球だった。打線は六回に阿部の適時打で先制し、七回にはアルモンテの満塁本塁打で突き放した。阪神は6回1失点の青柳を援護できず、今季2度目の零敗。

【楽天15-4ロッテ】楽天は0-2の二回に島内、銀次、辰己の適時打に鈴木大の3ランなどで7点を奪い逆転し、四回に浅村の4号2ランなどで3点、六回にも5点を加えた。弓削が6回3失点で開幕2連勝。ロッテは投手陣が崩れ、連勝が8で止まった。〔共同〕

(データ提供:共同通信デジタル)

(データ提供:共同通信デジタル)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 6回無失点の好投で2勝目を挙げたソフトバンク・和田=共同


 この日はソフトバンク・今宮の29歳の誕生日。本来なら打席に立った際に応援団が演奏でお祝いしてくれるところだが、もちろんいまは祝福ムードが場内に広がることはない。

 ならば勝利でお祝いをと奮起したのが先 …続き (15日 23:12)

1回ヤクルト1死一、二塁、村上が右前に先制打を放つ(15日、甲子園)=共同

【ヤクルト9―5阪神】ヤクルトが競り勝った。4―4と同点にされた直後の七回に村上の中前打で2点を勝ち越し、6―5の九回に3得点と突き放した。阪神は六回に追い付いてからリリーフの伊藤和、馬場らが苦戦。流 …続き (15日 23:00更新)

 巨人の原辰徳監督が14日、マツダスタジアムで行われた広島4回戦に7―2で勝って監督通算1035勝目を挙げ、長嶋茂雄元監督を抜いて巨人の歴代単独2位となった。プロ野球では単独12位。巨人での監督通算勝 …続き (14日 22:50)

ハイライト・スポーツ

7/16 14:00更新 スポーツ 記事ランキング

[PR]