/

31日のプロ野球 結果と戦評

(更新)

【ヤクルト5-3DeNA】ヤクルトは三回に塩見の2点適時打で先制し、五回に塩見の適時打と村上の2号2ランで加点した。高梨は六回途中3失点で勝利。継投で逃げ切り九回は石山が締めた。DeNAは新人の入江が5回5失点と崩れ開幕4連敗を喫した。

3回ヤクルト1死二、三塁、塩見が右前に先制2点打を放つ(31日、横浜)=共同

【日本ハム1-1西武】両チームとも決め手を欠き引き分けた。西武が五回に呉念庭のプロ初本塁打で1点を先制。日本ハムは新人の伊藤が6回1失点と試合をつくった。六回に西川の適時打で追い付いたが、4度の満塁機を生かせずリードを奪えなかった。

【中日5-3巨人】中日は0-3の一回に高橋周の2点適時打などで追い付き、二回に根尾の中前打で勝ち越した。救援陣が無失点でつなぎ、3番手の鈴木が3年ぶりの勝利を挙げた。巨人は移籍後初登板の井納が4失点で二回途中降板し、今季初黒星。

2回中日無死二塁、根尾が中前に適時打を放つ(31日、バンテリンドーム)=共同

【オリックス7-2ソフトバンク】オリックスは一回に中川圭、大城、紅林の3本の適時二塁打で計6点を先制した。増井が緩急自在に攻め、5回を2安打無失点で白星を挙げた。ソフトバンクは大竹が苦しみ、3回で7失点。チームは開幕からの連勝が4で止まった。

【広島4-2阪神】広島が1分けを挟んで3連勝。2-2の六回にクロンの来日1号のソロで勝ち越し、七回は菊池涼も一発。6回2失点で白星の床田は同点二塁打も放った。栗林が連日のセーブ。阪神は八回の好機で大山が倒れるなど、つながりを欠いた。

【楽天2-1ロッテ】楽天が逃げ切り3連勝した。六回に3四球で2死満塁とし、茂木の2点適時打で先制。終盤は救援陣がピンチをしのいだ。則本昂が七回途中まで1失点で今季初勝利を挙げ、松井は今季初セーブ。ロッテは終盤に攻め切れず開幕5連敗。〔共同〕

7回途中1失点で今季初勝利を挙げた楽天・則本昂(31日、ZOZOマリン)=共同
(データ提供:共同通信デジタル)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン