/

5日のプロ野球 結果と戦評

【阪神8-7ヤクルト】阪神は3位以上が決定。西勇が二回途中7失点と崩れても、1-7の三回に1点返し、四回は代打原口と近本の連続適時打など6安打を集めて5得点で同点。五回に梅野のソロ本塁打で勝ち越した。ヤクルトは金久保らが粘れなかった。

4回阪神無死一、三塁、近本が中前に適時打を放つ(5日、甲子園)=共同

【広島5-4巨人】広島がサヨナラ勝ちで2分けを挟んだ連勝を7に伸ばした。4-4の延長十回2死満塁から松山の中前適時打で勝負を決めた。十回を抑えたケムナがプロ初勝利。巨人は七回に2点をリードしたが、八回に高梨、十回に田口が崩れた。

巨人戦の10回に登板しプロ初勝利を挙げた広島・ケムナ(5日、マツダ)=共同

【ロッテ6-1ソフトバンク】ロッテがソフトバンクに2年連続で勝ち越した。0-1の五回に安田の2点二塁打で逆転し、六回に押し出し四球で1点、八回に3点を加えた。美馬は八回途中1失点で3年ぶりの10勝目。ソフトバンクの東浜は八回途中6失点だった。

【楽天4-2オリックス】楽天が連敗を3で止めた。2-2の九回に銀次の右中間二塁打で勝ち越し、小深田の適時二塁打で加点した。2番手の牧田が2勝目、九回を松井が3三振で締めて2セーブ目を挙げた。オリックスは九回に張奕がボークなどで崩れた。

【中日2-0DeNA】中日が無失点リレーで3連勝し、8年ぶりの3位以上を決めた。二回に武田の適時打で先制。八回は内野ゴロの間に加点した。大野雄が7回無失点で11勝目。平良が2失点でプロ初完投したDeNAは、3連敗で4位以下となった。〔共同〕

2回中日1死一、二塁、武田が左前に先制打を放つ(5日、ナゴヤドーム)=共同
(データ提供:共同通信デジタル)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン