2018年11月19日(月)

フォルクスワーゲン社長が辞意表明 排ガス不正で声明

2015/9/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【フランクフルト=加藤貴行】欧州の自動車最大手、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)による排ガス試験を巡る不正問題で、マルティン・ヴィンターコーン社長は23日、辞意を表明した。VWは同日、監査役会の主要メンバーによる理事会を開き、危機の打開策や社長の責任問題について議論していた。社内基盤を固めてきたヴィンターコーン氏は一転、窮地に追い込まれていた。

ヴィンターコーン氏は「VWには人事を含め新たなス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報