/

この記事は会員限定です

カリスマ経営者、時価総額高める テンセントなど

[有料会員限定]

アジアでカリスマ経営者が企業価値を高めている。日本経済新聞社が選ぶアジアの主要上場企業「Asia300」が2000年以降に増やした時価総額を見ると、中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)の馬化騰・会長兼最高経営責任者(CEO)が2654億ドル(約26兆8200億円)を積み上げた。こうした経営者らは独創的なサービスの創出や巨大組織の新陳代謝を促す変革力が評価された。長期在任の経営者が多いこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2021文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン