2018年9月21日(金)

日中首相、10年ぶり祝電交換 国交正常化45周年記念式典

2017/9/29 4:30
保存
共有
印刷
その他

 安倍晋三首相は28日、日中国交正常化45周年を祝う在日中国大使館主催の式典に出席し、年内に日本で日中韓首脳会談と日中首相会談の開催をめざす意向を表明した。日中両首相は10年ぶりに祝電を交換し、李克強首相は「中国側は日中関係を高度に重視している」と主張した。

 安倍首相は同式典で「年内に日本に李首相を迎え、関係発展の弾みを付けたい」と語った。そのうえで「次は私が訪中する番となる。その後には習近平国家主席に訪日してほしい」と強調した。

 日本の首相が同式典に出席するのは15年ぶり。安倍政権では初めてとなる。安倍首相は「首脳による相互訪問を積み重ね、日中関係を全般的に前進させていきたい」と強調した。日中関係を改善し、北朝鮮問題などで中国の協力を引き出す狙いがあるとみられる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報